ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • 背景色変更
  • 白
  • 黒
  • 青
  • 英語
  • ???
  • 中国語
ライン
町長の部屋 > 朝日町が持つ「地方の可能性」

朝日町が持つ「地方の可能性」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月16日

 主体的な働き方や つながりのある暮らし方

 「自分の仕事が、はたして社会の役にたっているのだろうか」また、「主体的に社会と関わっている実感がほしい」このように感じている都会の若者が、自分の主体性を発揮できる場、また生きがいを実感できる場として、地方に目を向け始めています。
 人間は人と人とのつながりの中にあって初めて、自分の存在意義を認識します。そして「誰かのためになっている」そう実感できた時、本当の生きがいを感じ、幸福を感じることができます。しかしながら現代の都会では、社会とのつながりの希薄さによって、主体性を見失ってしまう若者が増えてきています。
 一方、一人ひとりが地域の主体となり、その行動や活動が、直接地域に暮らす人々の生活に、より直結している状況にあるのが朝日町の現状であります。それ故に一人ひとりの生きる力が、すなわち町の力となり、町の姿となるのです。
 このように、主体的な働き方やつながりのある暮らし方ができる場としての、朝日町が持つ「地方の可能性」を、現代の若者たちは求め始めています。 
 現在もなお、日本全体で少子高齢化・人口減少が進行しています。さらに、急速に複雑さを増している高度情報化社会や、人口知能の爆発的進展に伴い、社会そのものが全く新しい時代に突入しようとしています。そのような時代であればなおのこと、朝日町においても、一人ひとりが地域の主体となり、地域の力となるよう、この町に住む私たち自身の新しい挑戦が必要となります。
 誰もが夢と希望を抱き、前向きにやりたいことに挑戦し、生き生きと活躍することができる、そんな町の実現を目指し、新たなチャレンジの伝統を一緒に築いてまいりましょう。

広報あさひまち 2018年2月号より

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。