ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > その3 潜入・ワイン城

その3 潜入・ワイン城

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

その3 潜入・ワイン城

専務・阿部さんにつれられて、ついにワイン城の中に

DSC_5977_.jpg

軽快なステップで後に続くウサヒ(と案内人の遠藤さん)

まずはワインの製造工場内(ブドウをしぼったりするところ)へ

阿部さん 「ここだ!!」

DSC_5836_.jpg

DSC_5783_.jpg

ウサヒ 「・・・・意外と地味だね」

普通の工場っぽい感じに、いまいち盛り上がりにかけるなぁ・・・と思うウサヒ

阿部さん 「まぁ、工場ってのはふつうこんなもんなんだが、とりあえずこれを見てくれ」

DSC_5779_.jpg

なにやらコンテナに向かう阿部さん

コンテナの中には・・・・

DSC_5778_.jpg

収穫したてのブドウがたくさん!!

DSC_5854_.jpg

ウサヒ 「・・・うまそう」

阿部さん 「とりあえず一個やろう。」

DSC_5861_.jpg

阿部さんからブドウをいただくウサヒ。

(阿部さんもウサヒの扱い方がわかってきたようだ)

DSC_5878_.jpg

うまうま(とりあえず食べる)・・・・そして

阿部さん 「じゃあ、工場内部を見てみるか」

そう言って、阿部さんが行くのを確認したあと・・・

DSC_5882_.jpg

本当の意味で食べる(うまい!)

中の人の腹ごしらえも完了し、工場内部を見ることに

DSC_5791_.jpg

じゃーん。樽がいっぱいです。

DSC_5793_.jpg

このタンクでブドウをつけて、樽で寝かせているそうです

DSC_5801_.jpg

ちょっとのぼって、タンクの中を見せていただくことに

DSC_5798_.jpg

ウサヒ 「まっくらで何も見えないけど・・・・香りがよい」

 

ちなみにここではワインの他にブランデーも造っているそうです

DSC_5822_.jpg

これがブランデーの蒸留器

DSC_5811_.jpg

でもって、こっちがブランデーを寝かせる樽です。

ウサヒはブランデーの優雅さをポーズで表現してみました。

ここで、ウサヒにひとつ疑問が・・・・

この朝日町ではいつからこうやってワインを作っているんだろう?

やっぱり、数年前にあったワインブームに合わせてはじめた新しい産業なんだろうか?それとも朝日町はワインと深いつながりがある町なのだろうか・・・・さっそく質問だ。

ウサヒの質問 「朝日町ワインの歴史について教えて!」

阿部さん 「朝日町ワインの歴史かぁ (遠い目)。いちおうこの工場がはじまったのは昭和19年くらいからなんだ。もともとブドウが多く取れる土地だったことが理由なんだけど、それに加えて、ブドウ酒から取れるシュセキ酸という物質が、絶縁体として使えることから軍需産業工場として建ったのが始まりかな。」

ウサヒ 「昭和19年?!そんなに長い歴史があるんだ。びっくり。」

阿部さん 「ワインっていうとなんか新しい産業っぽい感じがするけど、日本にも昔からブドウ酒工場はあったんだ。だからブドウの産地には古くからワイン会社(ブドウ酒工場)があるんだよ。特に山形は朝日町だけでなく、高畠・蔵王・天童など、なんと11社もあるんだ。」

ウサヒの質問 「さすがフルーツ王国・山形!さくらんぼが有名すぎていまいち他の果物にスポットが当たりづらいけど、実際ブドウの生産量だって全国第3位なんだよね」

※↑ウサヒもちゃんと地域の特産品について勉強をしているよ

阿部さん 「もとは山形果実酒製造有限会社で名前だったんだけど、朝日町ワインの名をもつ商品を製造するようになったのは昭和50年くらいになってからかな。」

DSC_5820_.jpg

実は長い歴史があることにびっくりのウサヒ。

カタカナで表記された商品だから歴史が浅いと思っていたけど、けしてそんなことはありませんでした。

ワイン作りは果物が豊富にとれる山形・朝日町ならでわの産業だったんですね。

しかも、朝日町ワインは90%以上が町で出来たブドウを使っているというこだわり。これは本当にすごいことだと思います。

DSC_5887_.jpg

朝日町ワインのすごさに感動を何かに表そうと、とりあえず従業員さんを激励するウサヒ

DSC_5893_.jpg

↑逆に激励されていい気分

ちなみに今の悩みを阿部さんに聞いてみることに・・・

ウサヒ 「阿部さん、悩みってある?」(←馴れ馴れしい)

阿部さん 「石油の値段が上がって、いろいろな材料の値段が高くなっていることかな」

ウサヒ 「たしかに・・・ワイン生産にもやっぱり影響が出ているんですね・・・」

阿部さん 「あと、お客様の好みに合わせていろいろな種類の種類のワインを作ってるので、少量多品種になってしまい。コストがかかるのが悩みかなぁ・・・・(遠い目をして) 一種類だけ作って、それがものすごく売れればラクなんだけどなぁ」

ウサヒ 「確かにそれはラクだけど・・・そんなラクはしないでくださいよ。むしろ、どんなブドウでもおいしく育ってしまう朝日町がすごいってことで。」

阿部さん 「そうだね。いろんな種類を作るのはお客様が喜んでくれるからなわけだし、これからもおいしいワインをどんどん開発していくよ。売り上げだって年々上がっているし、朝日町ワインはまだまだこれからがすごいよ!」

ウサヒ 「よーし、目指せ朝日町ワイン日本一!」

DSC_6052_.jpg

なんだかんだでうまいこと話がまとまった(会議室にて)

阿部さん 「あ、日本一っていえば、朝日町ワインはすでに日本一だよ」

 

・・・・・?

DSC_6065_.jpg

ウサヒ 「え?どういうこと?」

・・・・朝日町ワインが日本一?

その4へ続く

次回、いよいよワイン編クライマックス。朝日町ワイン日本一の秘密が明らかに。

あと、カルタに続くウサヒの朝日町オススメ商品ファイルNo.2が登場するよ。こうご期待!

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。