ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成22年12月25日 「クリスマスケーキ」

平成22年12月25日 「クリスマスケーキ」

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年12月25日

 平成22年12月25日 「クリスマスケーキ」

先日、ウサヒは蔵の広場にあるカフェ蔵さんから、

クリスマスケーキのデコレーション教室のお手伝いを頼まれました。

町の小学生のみなさんとクリスマスケーキを飾りつけるというイベントです。

当日、12月25日の朝日町

SNC00488.jpg

ウサヒ 「(今日はお休みにしよう・・・)」

※( )内はウサヒの心の声です。

もちろん、室内イベントが雪ぐらいで中止になるわけもなく、

15時の開始に向け、ウサヒは1時間前に会場のカフェ蔵にいきました。

しかし、カフェ蔵の方は準備真っ只中で、ウサギの相手をしている暇はない感じ

開場まで特にやることがないウサヒ。

仕方ないので中の人は駐車場の雪片付けをしていました。

SNC00490.jpg

▲肉体労働にいそしむ中の人

SNC00491.jpg

▲片付け中も雪は絶えず降っている 

30分くらいで駐車場の雪はあらかた片付けおわりました。

それと引き換えにこの日の体力の半分ほどをここで消費しました。

開会時間も近づきウサヒの準備

DSC_0002.jpg

▲今日はカフェ蔵の赤いエプロンを貸してもらいました。

そしてなんと、参加費を集めるための貯金箱は

ココロ館のサクラちゃんとアベさんが作ってくれました。

DSC_0006.jpg

▲手作り感あふれる貯金箱

DSC_0005.jpg

▲よくみるとすげぇ手が込んでる。

※ちなみに、ピンクの煙突のところからお金を入れます。

貯金箱を携えていざ出発!!

DSC_0004.jpg

期待にむねが膨らむぜ!!

1225 001.jpg

会場に到着

1225 003.jpg

▲速攻で頭突きをもらう。着ぐるみとは耐え忍ぶ戦いでもある。

手荒い歓迎にめげず、まずは参加料の徴収からお仕事スタート。

1225 005.jpg

ココロ館のスタッフさんに作ってもらった貯金箱が大活躍。

参加している子たちから

「なんでウサギなの」 という質問が飛ぶ

1225 009.jpg

困惑するウサヒ。

※ウサギであることにそれほど深い意味はないですが、ピンク色はヒメサユリの色ってコトでひとつよろしくお願いします。

そんなこんなでクリスマスケーキデコレーション教室がスタート。

1225 014.jpg

まずはカフェ蔵のスタッフさんから挨拶とレクチャー

1225 015.jpg

今回は焼きあがったスポンジケーキをホイップクリームとイチゴでデコレーションします。

1225 017.jpg

▲クリームの塗り方をレクチャーしているところ

レクチャーが終わるとさっそくデコレーションスタートです。

せっかくなのでウサヒも混ぜてもらって作ることになり、3班さんに混ぜてもらいました。

お菓子作りは精密作業なので、

ここからは手袋をとって(手はしっかり洗って)、素手で作業開始です。

※ウサヒの手袋はミトン型なので細かい作業ができません。 

1225 022.jpg

▲仲良くやっている様に見えるが、誰が泡立てをやるかでもめている3班

※重労働なのでみんなやりたがらない(譲り合いと言う名の押し付け合い)

見かねたスタッフさんが電動ホイッパーを投入

1225 028.jpg

電動ホイッパーのおかげで内部分裂は免れた。

これで(おそらく)無事にホイップクリームができるだろうと一安心したウサヒは

ちょっとだけ班を離れて、

この日取材に来ていたテレビ局の方と打ち合わせをすることに

実は年明けのニュースでウサヒを取り上げてくれる予定だそうで、

この日はさくらんぼテレビさんが取材に来てくださってました。

1225 032.jpg

取材に来てくださったおねぇさんと一緒に撮影

おねぇさん 「ウサヒさんはいつもあんなに子どもたちともめながら(多少いじめられながら)活動されているんですか?」

ウサヒ 「老若男女問わず、良いものを本気で作ろうとすれば、争いはつきものなんですよ。」

おねぇさん 「なるほど、さすがですね。」

手荒い扱いを持ち前のトークで前向きに解説する。ものはいいようですね。

数分の打ち合わせを終えて、会場に戻ったウサヒ。

しかし、3班では僕が席をはずしている間に悲劇が起こっていたのでした。

班員「ホイップしすぎてクリームが硬くなっちゃった♪」

ウサヒ 「・・・・まじで?」

班員「ウサヒ、あんたサボったせいだよ。」

ウサヒ 「ちょっとまて、確実にホイップしすぎた人のせいだろ!!」

班員「さぼったせいだよー」

ウサヒ 「・・・・ごめんなさい」

班員4人に対してウサヒ1頭では分が悪い。

ここはとりあえず謝っておこう。

他の班が着々と作業を進めていく中

1225 040.jpg

1225 027.jpg

1225 041.jpg

その一方で

1225 043.jpg

反省して隅っこで待機しているウサヒ。

1225 044.jpg

▲使い終わった調理器具を持つ係を命じられているところ。

※机の上は常に余計なものを置かないことは調理の基本。

DSC_0021.jpg

側面はウサヒに飾り付けをさせてもらった。

そんなこんなで完成したケーキがコチラ

1225 059.jpg

1225 046.jpg

他を圧倒する高い密度

前衛芸術のようにいたるところから突き出たろうそく。

これが3班のクリスマスケーキです。

他の班のみんなとも記念撮影

1225 063.jpg

1225 065.jpg

DSC_0033.jpg

ウサヒ「どれも素晴らしいケーキだね!(美的感覚は人それぞれですよね・・・・)」

ウサヒは自分の班のケーキに結構満足です。

尊敬する岡本太郎先生(芸術は爆発だの人)が見たらぜったいほめてくれるはず。

そんなこんなで、試食タイム。

しかし、ここで重要な問題が!!

「着ぐるみだとケーキが食べられない」(←重要問題)

解決方法↓

1225 067.jpg

試食は中の人で参加しました。

1225 068.jpg

▲僕が着替えている間に4等分にしようとしていたので、そこはギリギリ阻止!

DSC_0047.jpg

ケーキはみんなでおいしくいただきました。

DSC_0048.jpg

▲僕のケーキはなんか緑のやつ(食べられない飾り)がいっぱいのってる。

最後はカフェ蔵のスタッフさんとウサヒから参加してくれたみんなへプレゼント

DSC_0056.jpg

▲ウサヒと中の人の共演に、周囲はざわつく?

「中身ってだれ??」

※それは秘密です。

DSC_0057.jpg

みんなにクリスマスプレゼントを渡して、本日のお仕事は終了です。

ご協力いただいたカフェ蔵スタッフのみなさん。ココロ館のみなさんありがとうございました。

なお、ウサヒはどんなイベント(町内外問わず)でも出張出演しますので、皆さんどうぞご利用ください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。