ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > ウサヒ特報 「朝日町豪雪対策本部編」

ウサヒ特報 「朝日町豪雪対策本部編」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

 ウサヒ特報 「朝日町豪雪対策本部編」

「大寒」という暦の上で一番寒いと云われるこの日

朝日町の(自称)イメージキャラクター・桃色ウサヒは

朝日町の特徴的なスポットを紹介するためにある場所にやってきました。

ウサヒ 「こんにちは、こちら朝日町豪雪対策本部です」

 

s-SNC00563.jpg

▲対策本部前

そう、雪深い山間の町村ならではのスポット「豪雪対策本部」です。

ウサヒ 「1月からはいよいよ朝日町の探検レポートを紹介していくわけだが、

まさか第一回目からこんな緊迫したスポットを紹介することになるとは・・・・」

中の人 「・・・まぁ、そうだけど・・・」

▲いまいちのりが悪い中の人

その理由はコレのせい

s-SNC00564.jpg

ウサヒ 「まさかの見慣れた風景!!」

中の人 「というか、毎朝、顔を出してるところだよね」

※ウサヒの仕事場は西原にあるオフィスですが、

役場にはWebページ制作用にデスクがあるので、だいたい毎日顔を出しています。

ウサヒ 「確かに、見慣れた(ある意味見飽きた)ところだけど、

そういうところにこそ新しい発見があるものさ。」

中の人 「(ものはいいようだな)」

 

ということで、朝日町の特徴的なスポットや商品を紹介する

「桃色ウサヒのあさひまち探検」の記念すべき第1回は

見慣れた施設の緊急事態(エマージェンシー)

「朝日町豪雪対策本部」の実態に迫る!!

に決定しました。

さて、

中の人 「豪雪対策本部に話が聞きたいんですけど・・・」

といってみると、

役場の人 「あ、はいはい、大谷さ~ん」

わりとあっさりつないでもらえました。

「担当の人ちょっと電話をしているから待っててね」と言われ

s-IMG_0367.jpg

電話が終わるのをおとなしく待つウサヒ。

s-IMG_0368.jpg

ウサヒ 「電話終わらないなぁ」

s-IMG_0376.jpg

ウサヒ 「ラムレーズンうめぇ・・・」

▲訂正、おとなしく待てないウサギ

担当の方 「そろそろいいかね?」

ウサヒ 「うわぁ、いつの間に!!」

s-IMG_0372.jpg

▲チョコに夢中になっている間にスタンバイが完了していた。

資料も一式用意されていた。

ウサヒ 「はじめまして、冬もあったかラブリー着ぐるみ・桃色ウサヒです。」

担当の方 「こんにちは、朝日町豪雪対策本部事務局・大谷です。(・・・ラブリー着ぐるみ・・・だと??)」

※(  )内は心の声です。

IMG_0375.jpg

▲豪雪対策本部事務局の大谷さん。

まずは中の人が今回の取材の趣旨を一通りお話し、

朝日町の特徴的なスポットや特産品、取り組みなんかをウサヒが紹介・解説する

エンターテイメント番組だということを、怪しまれない程度に説明しました。

「豪雪対策本部」という名前は時々耳にするけれど、

実際はどのような活動をしていて、町民はどんなふうに活用すればいいのか、

今回はそんなことをお話できればと考えています。

と、いうそこそこまじめな話をこの格好↓で説明するウサヒと中の人

s-IMG_0373.jpg

この違和感が桃色ウサヒのあさひまち探検の日常です。

ウサヒ 「さっそくですが、豪雪対策本部っていったい何をしてるんですか?」

大谷さん 「そうですね。簡単に言うと雪の災害対策の相談窓口をしています」

ウサヒ 「対策本部が雪かきしたりするわけではないの?」

大谷さん 「もともと役場では、各課がそういった雪による被害(雪害)の対応を分担して行なっているんですが、

雪が沢山降ると各課ごとに対応しにくくなります(件数が多いから)。

そのような時に、仕事の振り分けや、状況を把握し取りまとめる仕事が

この豪雪対策本部のお仕事なんです」

※例えば、道路の雪かきと、町の施設の雪かきの管轄が通常違うのですが、

大雪が降った場合は対策本部のオペレーションのもと道路用の重機が雪かきを代行してくれたりします。

ウサヒ 「なるほど、じゃあ、雪が多く降ったときにだけ登場する特別対策室なんですね。」

大谷さん 「そういうことです。」

ちなみに、朝日町の豪雪対策本部は大雪が続くと設置されるわけですが

その指標は立木地区に雪が150センチ積もったくらいを目安にしているそうです。

ウサヒ 「豪雪対策本部は朝日町にしかないんですか?」

大谷さん 「いえ、各市町村で大雪が降ると対策室ができます。

現在、県内では20以上の市町村で対策室が立っているので

山形県の35市町村の半分以上に対策室があることになりますね。」

ウサヒ 「なるほど。では、朝日町の豪雪対策本部の一番偉い方は誰なんですか?」

大谷さん 「うちは対策本部なので、本部長という役職があります。町長がやっていますよ。」

ウサヒ 「え、あの人が?」

1.jpg

▲CMでおなじみのこの人です

大谷さん 「私はあくまでも事務局の人なので。

ウサヒさん的に云うと、豪雪対策本部の中の人です。」

ウサヒ 「じゃあ、大谷さんは、雪が降らない時はなにやってる人なんですか?」

大谷さん 「総務課の防災係です。消防業務や、災害がおこらないように、つとめる仕事です。」

ウサヒ 「・・・災いと隣り合わせの職場なんですね。」

なんとなくわかってきた豪雪対策本部の仕事と、大谷さんが何者なのか。

次回は豪雪対策本部編クライマックス。

重機の話や、町に住む人たちの豪雪対策本部の利用方法などをご紹介。

ウサヒ冠雪・朝日町豪雪対策本部編2にこうご期待!!

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。