ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成23年02月28日 「ウサヒ迷路その2」

平成23年02月28日 「ウサヒ迷路その2」

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月28日

平成23年02月28日 「ウサヒ迷路その2」

ウサヒの迷路づくりの続きです。

旅のココロ館のアベさんの思いつきで

ウサヒとトム君は、蔵の広場に迷路を作ることになりました。

DSC_0356.jpg

ウサヒがつけた道順をトム君が除雪して道にするという作業。

しかし、いまいち息が合わない(上の写真参照)

トムくん  「ごめーん!」

ウサヒ  「目が、目がぁぁぁ」

アベさん 「遊んでないで、迷路つくりなさい!!」 

トム&ウサ 「 (迷路づくりは遊びじゃないんだろうか・・・?) 」

( )内は心の声です

とりあえず、まじめに雪を踏んで道をつくることに

しかし、視界の悪い着ぐるみゆえに、ここで事件が!!

DSC_0332.jpg

▲一見するとわからないが前方に小さなくぼみがある

(もちろんウサヒには見えていない)

結果

DSC_0333.jpg

▲いうまでもなく、足をとられる

DSC_0334.jpg

▲残酷な勢いで転ぶ

アベさん 「ウサヒー、大丈夫??」

DSC_0336.jpg

トムくん  「返事がない、ただの着ぐるみのようだ・・・」

ウサヒ  「あー、とりあえず、仕事だ!仕事を優先するぞ!!」

ウサヒはそう叫ぶと頭をとって、迷路をつく始めた。

DSC_0330.jpg

▲本気で動くと頭は邪魔

DSC_0329.jpg

こうして、道順づくりは無事完了

トムくん  「じゃ、ここからは俺が、がんばりますか」

DSC_0399.jpg

▲トム君の除雪機がうなりをあげる

DSC_0421.jpg

雪が硬くてなかなか前に進まないが、

それでも確実に道ができていきます。

作業の進行状況に、

ウサヒも発案者のアベさんも満足していると、

オカザキさん 「おーい、なにしてんの???」

産業振興課のオカザキさんがやっててきました。

ココロ館に書類を届けに来たそうで、

天気なのに雪かきしている奇妙な人たち (&着ぐるみ) を発見して声をかけたそうです

アベさん 「大迷路を作ってるんです!すごいでしょ!!」

オカザキさん 「おお、そりゃいいね。・・・あれ?これ下駄スキーじゃん!!」

終わったら遊ぼうと思っていてウサヒが置いておいた下駄スキーを発見したオカザキさん。

まえに五百川少年教室で作ったアレです

DSC_0362.jpg

▲おもむろに履きはじめる・・・

ウサヒ  「ちょ!それ、ボクもまあ遊んだことないのに!!」

DSC_0364.jpg

▲ウサヒの制止を気にせず上っていくオカザキさん

蔵の広場にはそり遊びができる山があります。

オカザキさん 「じゃ、いくねーーー」

ウサヒ  「だめーーーー」

DSC_0366.jpg

「よっと・・・」

DSC_0367.jpg

「おっとっと・・・」

DSC_0377.jpg

「はい到着!!」

ウサヒ  「・・・上手い・・・この人できる」

実際、下駄スキーで傾斜のあるところをすべるのはそこそこ難しい。

なぜなら、下駄スキーは雪のある平地をインラインスケートのようにすべる玩具だから。

ウサヒ  「遅れをとってはいられない、ウサヒも行くぜ」

DSC_0382.jpg

元気よく飛び出すウサヒ!!

DSC_0384.jpg

▲山頂近くはゆっくり上る

DSC_0386.jpg

▲慎重に山頂に到着

ウサヒ  「よーし行くね!カメラちゃんと回ってる?」

DSC_0388.jpg

▲山頂でスタートをまつ

DSC_0390.jpg

▲自分で云うのもなんだけど、なかなか美しいスタート姿勢

(スキージャンプの選手時代に培ったテレマークの技術が生きる)

DSC_0391.jpg

▲そしてファンサービス

DSC_0392.jpg

▲体制を崩す

DSC_0394.jpg

▲非常に残念な転倒 (本日2回目)

やっぱり下駄スキーは難しかった・・・

しかも、ウサヒが滑り終わった時にはオカザキさんはいなくなっていた(仕事だから)。

ウサヒ  「さて、仕事に戻るか・・・」

DSC_0435.jpg

気を取り直して作業再開

といっても、ここからはトム君の仕事を見守るしかない。

DSC_0433.jpg

ウサヒ  「がんばれーー」

トム  「(応援されているのに雪をかけたくなるのは何でだろう・・・?)」

そして、午後3時、ついに道がつながり

DSC_0448.jpg

ウサヒ  「完成!!」

ついに迷路が完成しました。

気になる迷路全景はこんな感じ

DSC_0461.jpg

ウサギの頭型迷路!!

・・・

・・・あれ?ぜんぜん迷わなくない?

そう思った方!仕方ないのです。

除雪機の性能の都合であんまり細かいカーブは出来ないのです。

なので、雪合戦とかおごっことかにに使ってください。

DSC_0454.jpg

▲ためしに2人で鬼ごっこしている図

アベさん 「うん、立派な迷路が出来たわね!」

トムくん  「どっちかというとUFOが着地するアレみたいですけどね。」

ウサヒ  「え?朝日町にもUFOくるの??」

▲このチームワークで迷路が完成したことが奇跡

なにはともあれ、迷路は無事に完成しました。

DSC_0450.jpg

▲トム君と握手するウサヒ

トムくん  「じゃあ、またねー」

DSC_0457.jpg

▲除雪機はバックで帰っていく

ありがとうトム君。

そして、今回の発案者のアベさんもありがとう。

ウサヒはこんな感じに

「考えはしているけど、なかなか実現させにくい思いつきの企画」

ご提案いただければ,

ウサヒと中の人でその実現のお手伝いをします。

ぜひ、こんなものを私は作りたい、ボクはやりたいっていうご希望がございましたら

下のコメントフォームより、

やりたいことと連絡先を書いてご投稿ください。

ちょっと非現実的な企画でも大歓迎です。

ちなみに、今回登場したオカザキさんからは

「ウサヒをヒーローみたいに変身が出来るキャラクターに出来ないか?」

というリクエスト受けています。検討中です。

こんな感じに、皆さんからのご意見募集中です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。