ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成23年03月07日 「ウサヒが、まさかの国際会議」

平成23年03月07日 「ウサヒが、まさかの国際会議」

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月7日

 平成23年03月07日 「ウサヒが、まさかの国際会議」

2月27日(日曜日)のことなのですが

中の人は山形市にある東北芸術工科大学にいってきました。

以前に日記でも紹介した第5回サステナブルデザイン国際会議に出席するためです。

DSC_0470.jpg

▲講演会には400人以上も人が集まっていて、関心の高さにびっくり。

ちなみにサステナブルデザインってなんのことかわかりますか?

いつもはなかなか耳にしない言葉ですよね。

「サステナブルデザイン」とは、

「環境に配慮し、人類が生きながらえるためのデザイン」を意味します。

噛み砕いて云うなら

化石燃料に頼り過ぎない生活スタイルの提案とか

輸入に頼りすぎず国の中で利益を循環させることで

日本のお仕事を守る仕組みなどといった

新しいルールや仕組みを考案する(デザインする)会議でした。

デザインっていうと、どうしてもモノを作ることだけのように感じてしまいますが

こういった仕組みづくりも立派なデザインのひとつです。

で、今回のテーマは「ローカル・サステナブル・コミュニティ」って

いうものだったんですが、

地方で新しい価値観に基づい活動の場を作っている人たちが

世界の各地からゲストとして呼ばれる中

朝日町からは

安藤竜二さん(ハチ蜜の森キャンドル)と

佐竹勝男さん(上郷花畑組合)が、

発表者として招待されたのです。

DSC_0473.jpg

海外からもゲストが来ている中で行なわれた打合せ。

2人がどういう発表をしたのかというと

まず安藤さん。

DSC_4851.jpg

安藤さんは、蜜ろうそく製造を生業にした経緯や

製作・普及活動、朝日町エコミュージアム協会との連携などについて

蜜ろうそくを通じて森と人を結ぶ仕事への思いをこめながら発表されました。

「灯すためのデザイン」に徹していること、地元の材料へのこだわりなどが

高く評価されていました。

灯すためのデザインは、地域の新しい活動の火種ととなるべく

新しい試みを先陣を切って行なっていく。火種になる活動のこと。

次に佐竹さん。

DSC_4885.jpg

佐竹さんは、代々受け継いで来た貴重な棚田を活かし

上郷花畑組合の仲間とともに廃校を拠点に農産物を加工、

それらの販売を通じて仙台市民と交流していることを発表されました。

棚田や段々畑の保全は世界的に見ても課題になってるそうで、

(↑僕も会議に参加して初めて知りましたが)

その活動に真っ向から取り組んでいることなどが高く評価されていました。

会合が終わった後

国際会議をとりおこなった事務局の方からメッセージをいただき

今回の会議で、朝日町は、2人の活動を含めて

まさしくローカル・サステナブル・コミュニティとして

広く世界に認められた一日でしたよ。

これからもがんばってください。

とメッセージをいただきました。

朝日町の中で起こっている活動に注目してくださっている人たちが

確かにいることを実感する会議でした。

町に住む者としてこの期待に全力で応えられたらと思います。

 (まぁ、ウサギですけど)

o0640048011081092768.jpg

▲ちなみにこんな紹介ボードも作りました。

僕は今回、サポート役での出席でしたが

次はちょっと不思議な地域おこし活動として、この会議に参加できればいいなと考えています。

その時はもちろん、ウサヒのちょっとひねくれた目線から

世界各国の先生たちにひとこと、ふたこと大胆な提案をしてきますね。

サステナブルデザイン国際会議の報告は以上です。

安藤さん、佐竹さんお疲れ様でした。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。