ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成23年06月25日 「中の人、木に登る」

平成23年06月25日 「中の人、木に登る」

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月25日

 平成23年06月25日 「中の人、木に登る」

梅雨入りを実感する雨が続き、

屋外での桃色ウサヒの活動が困難な日々が続いています。

こんにちは桃色ウサヒの中の人です。

先日の土日、僕は降りしきる雨の中 「木登り」 をしていました。

別に、罰ゲームとかではありません。

安全に楽しく木登りを楽しみ、大自然から学び、共有することを目的とした

「ツリーマスタークライミングアカデミー」のツリークイング資格認定講座を受けてきたのです。

木登りに資格?と思われる方もいらっしゃると思いますが、

この写真を見ると納得していただけると思います。

DSC_1823.jpg

▲ツリーイングの意味がよくわかる1枚

そうです、子どもの頃に気軽に登ったような木ではなく、

地上高10メートル以上の木にも登れる技術の資格です。

(TMCA公式HP http://www.treemaster.jp/

ことの始まりは6月はじめ。

創遊館のエコルームで、ばったり出会った朝日鉱泉ナチュラリストの家の主・西澤さんに

西澤さん 「今度、木登り講習会あるんだけどウサヒも来ない?」

中の人 「おもしろそうですね。でも僕、西澤さんの想像以上にひ弱ですよ。」

西澤さん 「大丈夫、大丈夫~♪ 簡単に高い木に登れる技術なんだよ。

しかも、講座受けると資格ももらえるんだ!」

という、軽快なやり取りがありました。

「これは朝日連峰の豊かな自然の中での

多様な遊び方をみんなに発信するチャンス!」

(↑情報交流員というのはそういうお仕事なのです。)

高い木に登れれば、木の上にビデオカメラ設置して、

町の映像や、動物の映像が撮影できる。

膨らみまくる企画のアイディア!!

こうして、西澤さんの 「簡単に高い木に登れる技術が手に入る」 という言葉を信じて、

ツリーイング資格認定講座への参加を決意したのでした。

賢明な「桃色ウサヒのあさひまち探検」読者の皆さんならすでにお分かりでしょうが、

まぁ、簡単に木に登れる資格が手に入るわけが無いということは後々にわかってくるわけで、

とりあえず、6月25日(土曜日)の朝

昨日までの雨がだいぶおさまり、時々小雨がぱらつく天気の中、

僕は集合場の西部公民館に朝9時半に到着しました。

木登りをしたい大人たちが続々とそろいはじめます。

IMGP4802.jpg

10時には参加者がそろいいよいよ講習スタート

IMGP4800.jpg

▲差し入れでいただいたゆべし

(笹が取れるこのシーズンがゆべしの旬)

緑のTシャツの方が今回の講師の田沢先生です。

IMGP4801.jpg

▲中の人の実家がある福島県会津からいらっしゃいました。

まずは教科書を見ながら、

ツリーイングの心得とロープワークについて学びます。

IMGP4803.jpg

▲すごくしっかりした教科書が渡され、それにそって授業が進みます。

この時点でうっすらと

中の人 「(あれ・・・?なんか難しくないかなぁ?)」

と思い始めた中の人ですが、間髪いれず実際にロープを巻いてみる実習に突入

IMGP4805.jpg

▲室内の手すりを使って基本的な結び方を体験

IMGP4806.jpg

▲続けて屋外で実際ロープを上から垂らして結んでみる

ロープ自体も、ただ枝にかけるのではなく、

ロープスリーブというチューブを通して木にかけます。

IMGP4810.jpg

▲上の黒いチューブが「ロープスリーブ」

(木の枝とロープを傷めない工夫)

実際はコレをものすごい高い枝にかけるわけで、

普通に手が届くわけありません。

次に、どうやって高い枝にかけるのかという練習になるのですが、

このようにします。

IMGP4817.jpg

IMGP4819.jpg

先端に重りの付いたヒモ(スローライン)を木の上に向けて投げるのです。

振り子のようにゆらしてその反動で投げるのですが、びっくりするほど高く飛びます。

(忍者が使う鎖鎌みたいな感じでした)

実際の木のこのヒモを投げてかける練習と、

ロープで体を支える練習をして、この日の実習は終了でした。

ちなみに、この時点で中の人は

・重りを飛ばしても枝に引っかからない

・横文字が多すぎて先生の言葉がうまく聞き取れない

(例:本結びを「オアーバーハンドノット」と言ったり

引き解け結びを「スリップノット」という。言語の壁を感じる・・・)

という落ちこぼれ状態でした。

( 実感 「これはとても難しい講座だ!!」 )

そんなこんなで明日に不安を残しつつ、

本日の宿泊地「朝日鉱泉」へと向かいました。

IMGP4821.jpg

スタジオジ○リではありません。

ここが 「朝日鉱泉 ナチュラリストの家」 です。

ここは朝日連峰の登山口に位置し

朝日町で一番山奥にある宿泊施設 です。

IMGP4825.jpg

朝日鉱泉は朝日連峰の登山口にある宿泊施設です。

登山や釣りのお客様の宿泊はもちろん、

お食事と入浴(温泉)もできます。

(ここに車を停めて、朝日岳に登ることが出来るのです)

IMGP4833.jpg

▲この日、中の人が泊まった部屋

(外の緑がステンドグラスみたいに見えてキレイ)

IMGP4839.jpg

▲とりあえず猫にはメットをかぶせる

(朝日鉱泉の看板猫「ゴン」)

お風呂に入ってから、参加者みんなで夕食。

IMGP4834.jpg

▲ハードな講習の疲れを癒す豪華なメニュー

本日のメニューはこちら

112.jpg

▲やっぱりダシはおいしい・・・

みんなでおいしくご飯を食べるなか

田沢先生 「この調子で、明日の試験もがんばってくださいね!!」

中の人 「ええぇっぇ、いきなり試験なんですか?!」

田沢先生 「そうですよ」

と、明日には大きな試練があることを告白。

さらにここで、今回の参加者である西澤さんの息子さん新地さんが驚きの一言

「あれ、もしかして明日って筆記試験もあるんですか?」

(↑予定表見ながら)

田沢先生 「そうですよ」

・・・・

・・・・・・・・

参加者一同 「メシ食ってる場合じゃねぇ!!!!」

夕飯のあと支度を整えた参加者たちはおのおの自主練習に励むことに。

ロープワークの自主練習

IMGP4843.jpg

登り方の自主練習

IMGP4840.jpg

▲主の許可を得て、天井の梁にロープをかけています。

そして、筆記試験対策!!

IMGP4844.jpg

参加者全員が明日を恐れつつ

試験対策は夜遅くまで続いたのでした・・・・

2日目につづく

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。