ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成23年06月26日 「中の人、木に登る2」

平成23年06月26日 「中の人、木に登る2」

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月26日

 平成23年06月26日 「中の人、木に登る2」

6月25日と26日は、ツリーマスタークライミングアカデミーが行なっている

ツリーイング(木登り)の資格取得講習会を受けてきました。

今日は続編、2日目のレポートです。

ブナの森に囲まれた朝日連峰の、登山や釣り以外の楽しみ方を

広くみんなに知ってもらおうと参加したこの講習会でしたが、

同じく参加者の西澤さん(朝日鉱泉の主)の誘い文句であった

「気軽に木に登れるよ~」 という思惑は

開始半日(先日)でもろくも崩れ去り、

僕たちは本格的なツリークライマーになるべく

寝る間も惜しんで練習を繰り返したのでした。

IMGP4844.jpg

▲寝る間も惜しんで勉強する参加者

なぜなら、この2日間のカリキュラム

1日目→講習

2日目→認定試験(筆記試験あり)

というハードスケジュール。

2日目はもういきなりテストなのです。

IMGP4842.jpg

▲認定講座を受けていない西澤さんの奥様(右手前)には、

みんなが宙づりになっている様子が不思議。

IMGP4838.jpg

▲夫も息子も木登りの試験に夢中だから

もう、猫にヘルメットをかぶせるしかない・・・

中の人 「なんて混沌とした空間なんだろう・・・」

もはや僕には資格を取って山を降りるしか選択肢は残されていないのです。

「いいぜ、簡単に安全に木に登れるなんて気軽に考えていたなら

まずはその、甘ったれた幻想をぶち壊す!!!」

 

DSC_1762.jpg

▲こちら、ツリーイング講師の田沢先生

というわけで

6月26日の朝日鉱泉ナチュラリストの家

この日も残念なくらい雨

DSC_1766.jpg

▲山の天気は安定しないといわれるが、今日も穏やかに雨が降っている。

(この雲の向こうに大朝日が見えると、晴れてくるらしい)

朝7時にみんなで朝ごはんを食べました。

IMGP4845.jpg

▲木とロープのコトしか考えられない頭に朝食が染みる

中の人 「夢にロープが出てきましたよ」

(↑本当の話)

朝食のさなか、先生から今日の日程が通知され

・森の中で木の見方を習う

・木にヒモを掛ける試験

・木に登る試験

(昼食)

・ロープワークの試験

・筆記試験

・合格発表

というスケジュールとなりました。

朝食後、準備を整え森へと出発!!

西澤さんの奥様 「いってらっしゃーい」

IMGP4848.jpg

▲借○暮らしア○エッティではなく西澤さんの奥様

朝日鉱泉から少し下った山道に車を停めて、みんなで木を見て回ります。

IMGP4849.jpg

IMGP4853.jpg

IMGP4850.jpg

簡単にいうと、こういう木のマタ↓を探してロープを掛けます。

IMGP4852.jpg

▲枯れ枝や、幹に腐れがないかしっかり見るのがポイント

木の見方を習った後

いよいよ、枝に紐を掛ける試験がスタートです。

先生 「では、良い枝を捜してラインを掛けてください」

DSC_1760.jpg

▲気軽な講習ではなかったが、先生の声のトーンは終始明るい

制限時間は20分です。

ここで、役場の広報担当のサクマさんが到着しました。

中の人 「よーし、この辺でいいとこ見せるぞーー」

カメラがまわると割りと良い結果が出せるのは、ウサヒの強みです。

DSC_1749.jpg

▲コレを投げて木にかけます

(そうそう、今回の企画に会わせ山岳仕様にするため髪はばっさり切りました。)

DSC_1742.jpg

▲投げる

DSC_1744.jpg

▲3回ほどで上手くかかる

この間5分くらい

昨日とはうって変わって好調です。

これも勉強した成果です。

掛かった人も、掛からなかった人もいましたが

コレは投げ方と木の選定を見る試験でもあるので、

無事に第一試験は終了。 

次は、ナチュラリストの家の横のブナの木にロープを張って、

登り方の試験です。

ツールを装着して

DSC_1791.jpg

▲安全確認の掛け声などが試験ではチェックされます。

登っていく西澤さん

DSC_1804.jpg

DSC_1819.jpg

▲かなり高い位置まで登っていきます。

昨日、夜まで梁にロープを張って練習していた奥山さんもこの通り。

DSC_1825.jpg

▲木の枝に乗れる!!!

なんだかんだで、みんな本番に強い。

DSC_1831.jpg

▲なんだかもうプロの人みたいだよ白川さん

そんなわけで、僕の番ですが

DSC_1836.jpg

▲中の人もわりと安定して登れた

実際、登るの自体はそんなに力を必要としないので、

ゆっくりではありますが、するすると登ることが出来ます。

10分もかからずこのくらいの高さまで登れました。

DSC_1856.jpg

中の人 「やったぜ、わりと楽に登れた!!」

西澤さん 「だから言っただろ、簡単に木に登れる技術だって。」

(↑ものは言いようだね)

中の人 「そこに到達するまでに覚える内容が、本当に大変でしたけどね・・・」

木の上から見る景色はこんな感じでした。

IMGP4860.jpg

▲僕がいる場所でだいたい6メートルくらい

IMGP4864.jpg

▲遠くの森を見通す感動はひとしお

ちなみに、本日一番高いところまで登ったのが新地さん。

DSC_1852.jpg

▲もはや、森の妖精といっても過言ではない。

全員無事に登ることが出来てほっと一息。

DSC_1872.jpg

木登りの試験の後は昼食でした。 

IMGP4870.jpg

▲大葉の焼きおにぎり(しょうゆ味)が絶品(3つも食べました)

その後

ロープワークの試験

DSC_1892.jpg

DSC_1889.jpg

そして、みんなが恐れていた筆記試験

DSC_1898.jpg

と、試験は午後3時まで続きました。

気になる試験の結果は・・・・

無事、全員合格でした!!

DSC_1899.jpg

▲ほんと、全員が、ほっとしました・・・

最後に、先生からレスキュー知識なども教えていただき講習の全工程が終了しました。

DSC_1907.jpg

写真入りのツリーイング資格証は後日届くそうなので、

到着次第また日記でご紹介します。

ツリーイングのツールは朝日鉱泉ナチュラリストの家で一式購入するそうなので、

せっかくの技術を錆びつかせないよう、

これからも自主練習に励もうと思います。

ツリーイング資格認定講座レポートはこれにて終了です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。