ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > ウサヒ特別企画 「桃色ウサヒと中学生のあさひまち探検」

ウサヒ特別企画 「桃色ウサヒと中学生のあさひまち探検」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

 ウサヒ特別企画 「桃色ウサヒと中学生のあさひまち探検」

今回の記事は、朝日中学校の職場体験学習「キャリアスタートウィーク」で

政策推進課に来ている白川君に書いてもらいました。

桃色ウサヒ特別編。どうぞお楽しみください。

今日の桃色ウサヒは、学生と一緒に町の面白スポットを探し町内をぐるぐるまわることにしました。

DSC_2388.jpg

DSC_1749.jpg

白鷹町との境、今平地区まで来たところ・・・

中学生 「いろいろ写真も撮れたし、そろそろ帰るか・・」

ウサヒ 「ん?ちょっと待って。 なんだあれは?」

DSC_0008.jpg

ウサヒが見ている方向を見ると

中学生 「なっ・・・・・なんだあれは!!??」

DSC_2394.jpg

IMG_0909.jpg

よく見てみると・・・・石像のようなもなものがたくさん・・・

数えてみると7体ありました。

ウサヒ 「じゃ、行ってみよー」

DSC_2404.jpg

DSC_2407.jpg

中学生 「吊り橋から行こうか」

DSC_2409.jpg

DSC_2413.jpg

ウサヒ 「一体あそこにはどういうものがあるんだろう・・ドキドキ」

未知の発見にはしゃいでいるウサヒをみて中学生は・・

中学生 「ちょ・・・吊り橋ゆれてるから・・・あと、はしゃぐなって」 

DSC_2414.jpg

高い橋の上で揺れるのが怖かった中学生。

ウサヒ 「・・す、すいません。(この頭だといつも揺れているように感じているので)」

中学生に指導されるウサヒ。

DSC_2425.jpg

中学生 「はい、落ち着いて、深呼吸~」

ウサヒ 「スーハー、スーハー」

DSC_2433.jpg

ウサヒ 「そろそろ橋を渡りきるぞ、ドキドキ」

あの謎の石像全貌が・・遂に!!・・・

DSC_2445.jpg

ここは今平の「平成原人の館」というところでした。

謎の石像がいくつかあり、「平成原人」という名前が付いてました。

DSC_2442.jpg

平成原人 「よく来たな・・・ウサヒよ」

ウサヒ 「このゆるさ・・・もしかして・・・せ・・先輩!!??」

そうです!!

この朝日町にはウサヒよりもはやく、ゆるキャラが誕生していたのでした!!

DSC_2453.jpg

ウサヒ 「先ぱーーーーーーーーい」

先輩に抱きつこうとするウサヒだが、

DSC_2467.jpg

中学生 「ちょ・・・まて、ウサヒ!!」

ウサヒ 「うぐぇ!!」

中学生に阻止されました。

DSC_2471.jpg

中学生 「これ、これ」

ウサヒ 「な・・・・なんだって・・・・」

残念なことにここは、私有地につき立ち入りが禁止されており、

この謎の遺跡を、これ以上調査することはできませんでした。

DSC_2472.jpg

ウサヒ 「先ぱーーーーーーーーーーーーーーーーーーい」

悲しむウサヒ・・・

先輩との別れを惜しんで・・・

DSC_24732.jpg

しょんぼりするウサヒと中学生。

中学生 「朝日町にこんなにも謎に包まれたスポットがあったなんて・・・

役場に帰って調べてみよう」

というわけで、帰っていろいろ調べてみると、

あそこは「がっぱ村」という施設らしく、

広報あさひまち2002年11月号に関連記事がありました。

以下、同誌より引用します。

「都市と農村の交流の場となる施設 「平成の原人館 がっぱ村」

大平橋のたもと今平地内に完成し、平成14年10月16日に落成式が行なわれました。

この施設は、町産の農産物を販売している関東地方の大手スーパー「丸正」の

会長・飯塚正司さんが造成したもので、

施設内には竪穴式住居8棟、やぐら、古代米の水田などが整備されています…」

引用終わり

ちなみに

「丸正」さんについてはこちらをご覧ください…

(※町産農産物の販売については掲載時点のものであり、現在も行なわれているかどうかについては不明です。)

というわけでした。

広報に使われていた当時の写真がこちら

20090605090057889.jpg

中学生 「まだ、僕が5歳の時の写真・・・」

ウサヒ 「ウサヒは間違いなく製造されていなかった頃の写真・・・」

都市との交流を目的に、ゆるキャラを導入した施設づくりを

およそ10年近くも前から行なっていたとは・・・

やはりこの町は、なにかものすごいパワーがある。

そう感じた、ウサヒと中学生でした。

桃色ウサヒと中学生のあさひまち探検 完

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。