ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > ウサヒ大漁?? 「八つ沼主釣り(ヌシづり)編2」

ウサヒ大漁?? 「八つ沼主釣り(ヌシづり)編2」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

 ウサヒ大漁?? 「八つ沼主釣り(ヌシづり)編2」

政策推進課持ち込み企画である「沼のヌシ釣り企画」を実行しようと、

八つ沼地区の春日沼にやってきたウサヒと同僚のサタケ君。

「沼のヌシ釣り企画」とは

朝日町には釣りが楽しめる沼が各所にあるので、

周囲の自然をレポートしながら、その沼に棲む大きめの魚 (沼のヌシ)を

釣り上げようという、冒険心あふれる企画です。

はたして、沼のヌシはつれるのでしょうか・・・

DSC_1510.jpg

▲いよいよ2人のヌシ釣りがスタート

ちなみに、春日沼にどれくらい魚がいるかというと

DSC_0244.jpg

▲軽快に泳ぐオイカワたち

けっこういます。

ウサヒ 「うぉぉ、すごい、魚が見えるよ。これはものすごく釣れちゃうんじゃない??」

サタケ君 「僕も、なんだかものすごく釣れそうな気がしてきたよ。」

(実際のところ、サタケ君も沼釣りに来るのは高校生の時以来らしい・・・)

DSC_1507.jpg

▲入れ食いの予感に胸が高まる

5分経過

DSC_0242.jpg

▲座っているのに飽きた

10分経過

DSC_0226.jpg

▲場所を変えてみる

20分後

DSC_0182.jpg

▲落ち着きのない着ぐるみの末路

ウサヒ 「・・・魚は見えるのに全然つれない・・・」

サタケ君 「ヌシを釣るどころか、雑魚(ザコ)もかからない・・・」

2人が不安にかられだしたその時でした。

DSC_1421.jpg

▲見えますか?糸の先にいます!

サタケ君 「あ、なんか普通に釣れた。」

サタケ君に本日初のヒット。

釣れたのはオイカワという魚でした。

DSC_1387.jpg

▲本日初の獲物

中の人 「く、サタケ君に先を越された!!」

(▲現在、中の人は桃色ウサヒを脱いでいます)

サタケ君 「まぁ、これが実力の差ですね・・・・あ、またきた!!」

 

DSC_1431.jpg

▲間髪入れずにまさかの2匹目!!

次に釣れたのはフナです

DSC_1429.jpg

中の人 「悔しい!!年下の同僚に手も足も出ない・・・」

サタケ君 「どうやら今後、僕には敬語を使っていただくようになりそうですね・・・ウサヒ先輩」

中の人 「うう・・・負けを、負けを認めざるえないのか・・・」

サタケ君 「まったく、ウサヒさんは、さっきから竿上げるのがはやいんですよ。

ちゃんと沈んでからあげなくちゃ・・・」

中の人 「それだ!!!」

サタケ君のアドバイスを素直に受け止めた結果がコレだよ!!

DSC_1439.jpg

▲オイカワ、ゲットだぜ!!

教訓 「ウキはきちんと沈んだら上げる」

DSC_1389.jpg

▲「このオイカワ、オレが釣ったんだぜ!!」

となると・・・次にやりたいことといえば・・・

「ウサヒを着て魚を釣りたい!!」

そんな思いのもと、再びウサヒを着込んだ中の人。

曇り空ゆえに、気温も湿度もかなり高い。

しかし、われわれは、夢をあきらめない!

DSC_0341.jpg

▲あきらめたらそこで試合終了なのだ・・・・

かくして、再び熱い戦い(服装的な意味で)が始まった!

なかなか釣れないのを見かねて、

この日のカメラ担当の人は周囲の散歩にでかけてしまいました。

DSC_0318.jpg

▲今、春日沼はハスが満開です。

DSC_0283.jpg

▲一瞬、田沢湖にあるアレかと思いますが、

「弥生姫像」といいます。沼の守り神。

DSC_0312.jpg

▲こちらは春日神社

このように、春日沼の周りには見所のスポットがたくさんあります。

各スポットの詳しい情報は

エコミュージアムHPの紹介をご覧ください。

DSC_0296.jpg

 ゆっくり歩いても30分もかからずにぐるっと1周出来ます。

また、魚以外の生き物も沼の周りにはたくさん。

DSC_0325.jpg

▲カメラの人一押しというカナヘビ(カナチョロ)の写真

DSC_0193.jpg

▲沼面にはトンボがたくさん飛んでいました

30分経過。

DSC_0320.jpg

▲まだ釣れる様子なし

サタケ君 「そろそろ帰りますか・・・・」 

ウサヒ 「・・・飛び込んで手づかみした方がいいかも・・・」

ウサヒが、暴挙にでようか迷っていると・・・

ウサヒ 「うぉぉ!き、きたよサタケ君。アミ!!」

ウサヒに奇跡のあたりが!

すかさずサタケ君にアミを要求

サタケ君 「(アミを使うほど大物じゃないのになぁ・・・)」 

( )内は心の声です

DSC_1526.jpg

▲こういうのは雰囲気が大事ですからね

ウサヒ 「よっしゃ!フナGet!!!」

DSC_1537.jpg

▲見事にフナの釣り上げに成功

DSC_1541.jpg

▲急いで戻ってきたカメラの人に、サタケ君とツーショットで撮ってもらう。

まぁ、写真を見てわかるとおり、かなり小さいフナでした。

着ぐるみで釣り上げた感動を分かち合っている、

ウウゥゥゥゥゥウウウウゥゥゥ!!

朝日町名物11時30分を告げるサイレンが春日沼にも響き渡りました。

ウサヒ 「帰ろっか?おなか空いたし。」

サタケ君 「そうですね。僕も13時から友だちとの約束もあるんで・・・」 

こうして、我々の「沼のヌシ釣り企画」の第1回目は釣果4匹で終了したのでした。

帰りがけ、沼の中央の方でものすごく大きい魚(おそらく鯉)が

ジャンプするのが見えたけど、それはサタケ君とカメラの人には内緒。

次のチャレンジに向けて、もっと腕を磨くので、その時はよろしくね。

釣りの後は、春日沼のすぐ下にある五本樋で喉を潤しました。

DSC_1563.jpg

▲冷たい水が気持ちいい

エピローグ

こうしてわれわれは、ヌシを釣れなかった悔しさ?を胸に

春日沼を後にしただった。

しかし、我々はあきらめない。

今回は圧倒的な技量不足のため、ヌシの捕獲は出来なかったが、

朝日町に沼がある限り、我々はロマンを追い続けていこうと思う!!

沼のヌシ釣り編 完

なお、朝日町には沼やため池がたくさんありますので、

町内には日本のため池100選に選ばれたところもあるほど

・この沼には、こんな大物がいた!

・この沼のヌシにぜひチャレンジしてくれ!

・僕と(私と)釣り対決をしよう!

そんなリクエストを随時募集しています。

ページ下の書き込みフォームより、ニックネームと連絡先を明記の上

ご投稿いただければ、ウサヒが前向きに検討いたします。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。