ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成24年03月29日 「玉手箱を作る」

平成24年03月29日 「玉手箱を作る」

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月29日

 平成24年03月29日 「ウサヒの近況~玉手箱を作る~」

ちょっと間が空いてしまいましたが先日の日記の続きです。

20日は祝日でしたが、

中の人・佐藤はウサヒを連れて山形市にいってきました。

この日はメディア取材があり、午前中はFM山形さんの朝の番組「My朝」の中で

地域活動をしている方々にスポットをあてたインタビューコーナー

「My朝フォーカス」に出演させていただきました。

地域おこし協力隊として、全国的にも珍しい「着ぐるみ」で活動していることや、

現在製作中の空気神社のお土産のお話など、

どこにも無い、ちょっと不思議な地域おこしのコトをお話してきました。

特に、前もって質問などは決まっていないトークの形式でしたが、

あと2時間くらいは話が気がするのは(ちょっと言いすぎかな?)、

パーソナリティーの伊藤さんのリードもさることながら、

朝日町がわりと話題に出来るネタを豊富に持ってるからだなと、改めて感じました。

続いて午後は、ウサヒのWeb漫画を制作している学生さんと一緒に

読売新聞さんの取材を受けてきました。

P1020379.jpg

▲漫画の作者、船木さんと、僕とウサヒ(頭)

漫画連載に至るまでの経緯や、

気に入っているWeb漫画のストーリーなどをおお話しました。

ちなみに、僕はスキージャンプをするウサヒが好きです。

P1020375.jpg

▲ウサヒの構造について、記者さんに真剣に説明する2人

こちらの取材は、どのタイミングで掲載されるかは未定のようですが、

僕らがいかにウサヒを楽しんでいるかをたくさん聞いたいただきました。

「シュールな笑いを誘うキャラクターだから、もっと積極的に町外に出て行くといい」

と、記者さんからアドバイス。

町の人たちと一緒に、おもしろい企画考えて、町外でのPRも頑張ろうと思います。

日付変わって3月22日。

翌日に、山形市でとある大きな対談イベントをかかえた我々は、

主催者になにかお土産を送ろうと思い立ちました(前日だけど)。

中の人 「何か、朝日町のギフト詰め合わせみたいなものってありませんかね~」

とぼやいていると、上司のサクマさんが、

サクマさん 「確か数年前に、商工会の青年部で朝日町のギフトを開発したことあったよ」

とのこと。

さっそく当時の広報あさひまちを探してみると

2007年12月の広報にこんな記事が

NCM_0175.jpg

▲「今年もやります!昭和たまて箱発送式」 (2007年12月の広報より)

手作りの木箱に和合のりんご、棚田米などを詰めた

ギフト品として販売していたようです。

中の人 「この企画はいい!ぜひお土産に買っていこう」

さっそく、たまて箱の受付先だった近江屋さんへと向かいます。

NCM_0134.jpg

町の文具屋、店内にプリント倶楽部2が置いてある近江屋さん。

受付を担当していた鈴木さんに話を聞いてみると、

手作りの木箱を用意するなど、なかなか手間がかかるギフトだったため、

昭和たまて箱は現在もうやっていないとのこと。

お土産探しはまたふりだしにかと思いきや、

当時の木箱だったら残っていると、鈴木さんが木箱を譲ってくれました。

NCM_01352.jpg

▲これが昭和たまて箱の木箱。りんごが18個も入る。

当時は、木箱を旧送橋小学校で組み立て、

りんご、棚田米、リンゴサブレー、紅葉でつくったしおりを入れて送っていたそうです。

さて、当時の中身もわかり、箱も手に入れたものの、

肝心の今、中身が無いのではどうしようもありません。

さらに、この大きなボックスを埋めれるかというと、はっきり言って自信ないし・・・

そんなことを考えていたのですが、その時あるアイディアがひらめいたのです。

中の人 「このたまて箱風に、小さいたまて箱を作ればいいじゃん!」

さっそく、コメリさんでちょうどいい大きさの箱を購入。

箱に張るシートをパソコンで作ります。

NCM_0144.jpg

続いて、中の商品を集めます。

NCM_0142.jpg

▲自然観に棚田米を買いにいく

なるべく、昭和たまて箱の中身を忠実に再現しようと思い

・産直和合のリンゴ

・棚田米

・リンゴサブレ(今回は永勝堂さんの10枚入りリンゴサブレ)

を用意しました。

NCM_0145.jpg

▲今回の商品

そして詰めます。

NCM_0147.jpg

▲みごとなピッタリ感

こうして完成したのがコチラ

NCM_0151.jpg

昭和たまて箱2号 「朝日町たまて箱」 です.

さあ、これをもって23日は

山形市に乗り込みます。

はたして、山形市役所でウサヒを待つ人気キャラとは・・・

DSC_4708.jpg

▲この方です

さあ、予想の斜め上をいく熱い対談の模様は次回の日記で!

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。