ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > ウサヒ爆食 「森のだんらん編2」

ウサヒ爆食 「森のだんらん編2」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日

 ウサヒ爆食 「森のだんらん編2」

朝日町の農家さんの新しい企業を支援したり、

町内産の食材宅配サービス「森のだんらん」の提供を行っている

送橋の産業創造センターに行ってきたレポートの続きです。

<<第一話はこちら

今平に移住してきた水沼君(23)と、

高知県からわざわざウサヒの取材にやってきた今城先生と一緒に

産業創造推進機構が何をやっているのか聞きにやってきたウサヒ。

職員の菅井正人さん、菅井伸昌さんがいろいろ説明してくれることに。

DSC_0018.jpg

▲主に、農業関係の新規事業のサポートを行っていることが分かった

あっぷるニュー豚とはなんだ?!

そして、ウサヒたちの前には

着々としゃぶしゃぶの準備が・・・・

DSC_0023.jpg

伸昌さん 「食べる前に、この豚のお話も聞いてください。

この豚は朝日町の水本地区で放牧されて育った

その名も『あっぷるニュー豚』という豚のなのです!!」

ウサヒ 「(長い話にならないといいなぁ・・・早く食べたい)」

( )内はウサヒの心の声です。

▲気持ちは目の前のしゃぶしゃぶにいってる

DSC_0014.jpg

▲放牧豚「あっぷるニュー豚」担当の菅井伸昌さん

伸昌さん 「一般の養豚場と違い、屋外の広いスペースで

のびのびと健康に育てた豚なのです。

ストレスが少ないところで育った豚は病気になりにくく、

自由に動けるので柔らかくさっぱりした脂肪になります。」

 

今城 「あっぷると名がつくわけですから、

やはりリンゴを餌にしているんですか?」

伸昌さん 「その通り、出荷前の2か月間は

朝日町の名物・リンゴを飼料として与えています。

また、それ以前の飼料も100パーセント町内産なのです。」

水沼 「なるほど。でも、なんで朝日町で豚なんですか?」 伸昌さん 「朝日町じゃなければ豚が育たないってことはないんですが、

豚を放牧するのに良い条件の場所が(水場や広さなど)が

水本地区にあったのが理由ですかね。試験的に始めることになったんです。

条件さえ揃えば、町内の別の場所でもアップルにゅー豚は育てられます。」

 

ウサヒ 「ふーん、そうしてあっぷるニュー豚って名前の豚は生まれたのか」

 

伸昌さん 「そうなんだけど、生み出したってのはちょっと違っていて、

あっぷるニュー豚は豚の品種じゃなくて『飼育方法』なんだ。」

 

ウサヒ 「なん・・・だと・・・。」

DSC_0019.jpg

▲あっぷるニュー豚は豚の名前ではなかった 伸昌さん 「この産業創造支援機構と水本の農家さんとで

一緒になって開発した飼育技術で育った豚に

あっぷるニュー豚という名前がつくのです。」

乳酸菌で発酵させたオリジナルの飼料あげる、

飼育期間が一か月程度長いなど、あっぷるニュー豚独自の飼育方法があるそうです。

冬期間は豚の飼育ができないので、冬前には全頭出荷して、

翌春にまた新しい子豚を迎えるというスタイルになっています。

ウサヒ 「じゃあ、どんな豚でもあっぷるニュー豚になれるわけだね。」

伸昌さん 「その通り。ここでの産業創造機構の仕事は

朝日町の豊かな自然環境を生かして

美味しい豚を育てるってわけですね!!」

 

水沼 「そうだったのかーー」

今城 「そうだったのかーー」

DSC_0031.jpg

▲関心する二人・・・・あれ、すでに食べはじめてる・・・

ウサヒ 「・・・あれ・・・なんで、みんな食べてるの?」

今城 「いやぁ、なんか鍋も煮立ってきたし・・・」

DSC_0039.jpg

▲美味しいものは、美味しい瞬間に食べるのが大事だね

ウサヒ 「く・・・いつも以上に自由すぎる・・・・」

水沼 「うーんさっぱりしてうまい!!」

DSC_0032.jpg

▲美味しくいただくスタッフ一同

伸昌さん 「臭みのなさがあっぷるニュー豚の真骨頂です。

獣臭が少ないので、女性や子供さんに喜んでもらえるお肉を目指しています。」

DSC_0029.jpg

▲あっぷるニュー豚のターゲットは女性や、お子さんなのだそうだ。

※ちなみに、付け合せの小松菜は町内の和合小松菜組合のもの

DSC_0042.jpg

▲ウサヒも職員さんに食べさせてもらう

DSC_0041.jpg

ウサヒ 「うまーーーい。脂とろける。さっぱりしてていくらでも食べれるぞ!!」

▲お客さま個人の感想です

伸昌さん 「お肉はもちろんですが

今回のしゃぶしゃぶのタレは、朝日町産のリンゴとワインを配合した

特製のしゃぶしゃぶスープなのです。」

DSC_0030.jpg

▲実はタレも産業創造推進機構が開発していた!!

ウサヒ 「なんてこった、ここまでこだわっていたとは・・・でも、そうなると気になってくるのが、おねだ・・」

水沼 「いやぁ、美味しいっすね。愛媛の実家に送りたいっす。いくらで買えますか??」

▲テレビショッピング風に行こうと思ったウサヒのセリフが奪われる

DSC_0037.jpg

▲今回のゲストは平然とウサヒのセリフを奪うぞ!!

そして、平然と肉を食う

伸昌さん 「配送でご希望ならピッタリのものがあります。

あっぷるニュー豚をはじめ、創造機構で支援している方々の生産品を集め

小松菜、地鶏卵、季節の野菜やキノコなど、町内で生産・加工された食材を

宅配サービスにした『森のだんらん』があります!!」

 

水沼 「なんと素晴らしい・・・でも、お高いんでしょう・・・」

DSC_0013.jpg

▲ウサヒの18番、テレビショッピングトークが水沼君に奪われた

伸昌さん 「3人分の食材がセットになって3000円~になっています!!

お問い合わせは 0237‐85-0415 「小さな企業協同組合」まで!!」

※りんごスープは現在開発中なので、普通のしゃぶしゃぶのスープになるそうです

ウサヒ 「悔しい!!大事なところ水沼に全部持ってかれた!!

でも、りんごしゃぶしゃぶが美味し~い。」

▲悔しさと美味しさの間で揺れる複雑な着ぐるみの心境

今城 「いやぁ、美味しかったぁ、満腹です・・・」

研究でいらっしゃった今城先生も大満足・・・・

しかし、これで終わらないのが朝日町・・・・

「いいえ、まだまだよ!!!」

そこに現れたのが、商品開発部門のみなさん

DSC_0036.jpg

▲手には明らかに新食材が・・・・

「産業創造機構で開発した食材は、しゃぶしゃぶだけじゃないのよ!!」

どうやら、まだまだ食べさせたいものがあるらしい。

高まる期待・・・果たしてウサヒたちの胃はもつのか?!

次回へつづく>>

イベント出演のお知らせ

今週末の桃色ウサヒ登場情報です

3月9日(土曜日)

埼玉県志木市に桃色ウサヒ登場!!やななちゃんの卒業式に参加します。

「やななの卒業式 in 関東」

image.jpg

志木市民会館パルシティホール

2013年3月9日(土曜日)11時00分~16時00分

詳細はコチラ>>

3月10日(日曜日)

蔵王のマスコット「じゅっきー君」がAsahi自然観スノーパークにやってくる!!

もちろん、埼玉帰りのウサヒもいます。

時間は11時より。

ロッジしらくらのあたりに出没予定です。30分程度。

一緒に写真を撮ったり、お菓子を食べたりしましょう。

(ウサヒとじゅっきーからのプレゼントもあります。個数限定)

じゅきポスタ.jpg

▲当日は、Asahi自然観でぼくらと握手!!

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。