ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 朝日町ふるさと通信2016夏号

朝日町ふるさと通信2016夏号

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月28日

「朝日町ふるさと通信」を創刊しました 

 町は、ふるさと納税の寄付者向けに、寄付金がどのように活用され、まちづくりに生かされているのかなどを紹介した冊子「朝日町ふるさと通信」をこのほど発行しました。寄付による返礼品が注目される中、「寄付金の使い道や町の観光などの情報を伝えることで、「お客様」ではなく「ファン」として、町を末永く応援してもらいたい」という想いの下製作したものです。

■「寄付金がどう活用され 町が変わったのか」を伝える

 『朝日町ふるさと通信』は2016年7月に創刊。A4判8ページのオールカラーで、年3回の発行を予定しています。16年度は7100部(1回当たり)を発行し、昨年度町に寄付した人に全員送付しています。
 冊子は、寄付金の使い道や町の出来事、観光スポットなどを紹介。「ふるさと納税の寄付金がどのように活用されているのか」「寄付金で町がどう変わっているのか」「返礼品はどのように生産されているのか」「そもそも朝日町はどんな町なのか」などを伝えるのが目的です。
 創刊号(2016年夏号)では、市内小学校での授業風景の写真を表紙に掲載。寄付金により児童の机が新しいものに更新され、教室で活用されていることを伝えています。
 2ページでは鈴木町長が、2015年度のふるさと納税で7831万円(7605件)の寄付があったことを報告。小中学校の備品を購入する「たくましい朝日っ子育成」事業や、りんご産地のブランドを維持するために補助する「日本一りんごの里づくり」事業など、使い道別の寄付件数と金額を掲載。それらの寄付を財源に取り組む各事業の概要を紹介しています。

詳しくはこちらのPDFファイルをご覧ください。

朝日町ふるさと通信2016年夏号 [PDFファイル/3.93MB]

 朝日町ふるさと通信2016夏号表紙

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。