ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成26年6月23日「弟子、ウサヒの焼き物をつくる 1」

平成26年6月23日「弟子、ウサヒの焼き物をつくる 1」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月9日

朝日町 陶芸 教室 西部公民館

6月下旬のある晩、ウサヒの弟子は西部公民館を訪れていました。            

*関連記事 西部公民館主催「ウサヒ・弟子、民族楽器に出会う」

  

白田さん 「毎年陶芸教室をやっているのだけど、今年は“たたらづくり”っていう

       方法でやるの。おもしゃいっけよー、遊びに来てけらっしゃい」

弟子 「参加します。陶芸なんて久しぶり!(師匠グッズも作れるかな・・・)」

※()内はココロの声です。

 

西部公民館 陶芸 朝日町

▲というわけで当日19時30分から陶芸教室が始まりました。

*緑のエプロンの方が講師の長岡雅彦さん(太郎地区)です。

 

弟子 「長岡さんは趣味で陶芸を極めている方なんですか?」

長岡さん 「いや、仕事でやっていたんだよ。以前、朝日町の西船渡地区には

      アサヒタイルという会社があって、そこでタイル作ってたんだ」

弟子 「タイル!そうか、タイルも焼き物なんですね」

※長岡さんは岐阜県の窯業科(焼き物を専門に学ぶ学科)を卒業しているそうです。

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲プロに本格的に教えて貰えるということで参加者も本気モード

まずはお皿のデザインを画用紙に書いてハサミで切り出し・・・

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲粘土をこねて、切り出した画用紙と同じぐらいの幅にします。

 

長岡さん 「粘土の中に空気が入ると割れてしまうので、こねすぎないようにね」

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲弟子の下書き 左はまだこねていない粘土です。

 

弟子 「うーん・・・師匠の顔皿だと2枚ぐらいしか作れなさそうだなー(大きさ的に)」

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲粘土を切ってみるとこんな感じになりました。

 

参加者 「そのお皿ちょっと大きすぎない?」

弟子 「焼くと小さくなっちゃうみたいなので、少し大きめに作ってみました」

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲今回の陶芸教室は“たたらづくり”という方法で行われました。

粘土をたたら板と呼ばれる板ではさみ、切り糸を使って粘土を切っていきます。

 

長岡さん 「たたら板の高さによって皿の厚みが変わってくるので

       好きな厚さを選んでくださいね」

※同じ形のお皿を量産できるのが、たたらづくりの特徴です。詳しくはこちら

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲ある参加者のお皿はたたらづくりで切り取ってこんな感じ

 ここから型紙をおいて不要な部分を切り取ります。

  

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲型紙を置いて切り取って・・・

 

参加者 「ネコが好きなので、ネコのお皿をたくさん作ります!」

結果・・・

西部公民館 陶芸教室 朝日町

別の参加者 「ね、ネコの大量生産!!」

弟子 「こんな簡単に同じ皿が何枚もできるなんて恐るべし、たたらづくり」

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲一方こちらの参加者はあっという間にお皿を作り終え、余った粘土で作品作り

 

弟子 「ぬ・・・師匠(ウサヒ)を作っている方もいる・・負けられないぞ!」

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲弟子も作ってみました。師匠と弟子の箸置きセット

 

弟子 「問題です。箸を置く場所はどこでしょう *正解は次の日記で」

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲最後にどの色にするかそれぞれ決めたら、先生に託します。

 

参加者 「ウサヒの焼き物・・・ピンクがいいけど、(素焼きだと朱色になるから)

      素焼きでお願いします。」

長岡さん 「はい・・・(ウサヒにこだわった作品づくりなんだな)」

弟子 「あ、私は1番(水色のような色)でお願いします」

長岡さん 「・・・(この人ウサヒの弟子だけど、色にこだわりないの?)」

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲そんな様々な思惑とともに、西部公民館でのお皿作りは無事終了し、

この後の窯で焼いたりする工程は長岡先生に託されたのでした。

 

次回予告

「粘土で形作るだけ作ったら、あとは先生にお任せなんて楽チン」と思っていた弟子に

長岡先生から(正確には奥さんから)連絡が・・・

 

「今、手直し作業しているから見においでよ。」

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲耳を削がれる師匠(型お皿)・・・さらに、弟子が見たものとは・・・

 

西部公民館 陶芸教室 朝日町

▲そして炎のファンタジスタ、長岡さんの手によって何かが起こる・・・

 

次回・・・お見逃しなく

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。