ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成26年8月3日 「ウサヒ、渓流まつりへ行く」

平成26年8月3日 「ウサヒ、渓流まつりへ行く」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月18日

ウサヒ 渓流まつり

この日も猛暑の8月3日・・・ウサヒは2年ぶりに開催される

渓流まつりを訪れていました。

ウサヒ 「今日は弟子じゃなくて、この方に取材してもらうよ。」

ウサヒ 仕事旅行 渓流まつり

仕事旅行の研修生、菅原さん(写真 真ん中)

 弟子の仕事(渓流まつりの取材)を体験しに神奈川県から来てくれました。

ウサヒウサヒ

エコミュージアムを取材 山本くんワイン城を取材 八木さん引き続く、

 3人目の仕事旅行。

 

ウサヒ 「はるばる朝日町まで仕事体験に来るなんて向学心に溢れてるね。」

弟子 「・・・師匠もちょっとは見習って欲しい。」

そんなウサヒと行くお仕事体験、仕事旅行はこちらからお申し込みができます

 

宣伝はさておき、8月3日、渓流まつり当日の朝日川河川公園(立木地区)

ウサヒ

▲会場に向かう道が石田渕地区(立木の隣の隣の地区)から大渋滞。

 

昨年、豪雨災害で開催できなかったこともあり、過去最多とも言われる

約2,000人の方々が訪れ、会場までの道路はかつてない混雑・・・

 

立木地区 朝日町

▲開催地立木地区の区長、阿部雅一氏(写真左)もこの大渋滞には驚き

 

阿部さん 「普段30世帯ぐらいしかない集落に、こんなに人来たの初めてかもな。」

ウサヒ 「ウサヒも早く家を出てきて良かったよ。危なかった。」

阿部さん 「役場の方と、草刈や駐車場整備して準備したんだ。楽しんでいけよ。」

 

最上川第一漁協組合

▲そこへ最上川第一漁業協同組合のトラックも到着。

 この日のために育てた10,000匹の魚を午前・午後の2回に分けて放流します。

 

渓流まつり

▲トラックから魚を出して・・・

 

ウサヒ

▲怪しげな機械に投入!!

 

渓流まつり

▲下で受け取った魚を町役場や観光協会の方々が川全体に放流

という流れで行われました。面白いので動画でどうぞ。

 

渓流まつり

▲放流されたてでピッチピチのお魚さんたち。

 

ウサヒ 「うわー美味しそう。なんて魚かな。」

?? 「ニジマス・ヤマメ・イワナを放流したよ。去年できなかった分、

    今年は多めに放流してるぞ」

ウサヒ 「だ、誰?」

 

渓流まつり

▲声の主は最上川第一漁業協同組合 組合長 柴田喜一氏

菅原さん、一生懸命メモをとります。

 

菅原さん 「今日のお魚はどこで育てたお魚なんですか?」

柴田さん 「東根や古寺鉱泉の養殖場で育てた魚だよ。

       月に400kgほど放流するんだ。」

菅原さん 「放流してない所ってないの?自然のお魚がいる所とか・・・」

 

ウサヒ

▲急に身を乗り出すウサヒ

 

ウサヒ 「それ、ウサヒも気になってた!遊魚券(1日1,000円)買わないで

      釣り出来る所ないのかなー(中の人の趣味は釣り)」

柴田さん 「天然の魚もいるよ。今年7月に上郷ダムのアユを調べたら37匹中、

       21匹が天然だった。」

ウサヒ 「天然がいるならタダで釣りしてもいいんじゃない?」

柴田さん 「難しい事はここで調べると大体分かるけど、水産資源の保護等で

       放流している大元(漁協)に漁業権があるから、ちゃんと遊魚券を

       買って釣りしてもらいたいな。それに、朝日町は朝日鉱泉から

       最上川まで、ほぼ全域、漁協で放流しているんだよ。

ウサヒ 「そっか・・・残念。(タダで渓流釣りは無理か・・・)」

ウサヒ 

釣りに行く際には遊漁券を購入しましょう(コンビニでも売ってるよ)

 

菅原さん 「でも、いつも1日1,000円かかる遊漁券が、今日は700円で

       しかも大量に放流されたお魚取り放題ってことですよね!」

ウサヒ 「そっか。今日はお得なんだね。よく考えたら。」

 

ウサヒ

▲と、ここでいよいよ渓流まつりが開幕。

 ウサヒと町長でクラッカー?で盛大に「ドーン」と開幕宣言。

ウサヒ

▲そしてそのままウサヒに謎のエスコートをされ、連れて来られる町長

 

ウサヒ 「菅原さん、町長にも話きいちゃいなよ。あ、町長、この方ウサヒの

      一日研修生で神奈川県から来た菅原さんです。」

町長 「おおーようこそ、ようこそ」

菅原さん 「町長さん、大役お疲れ様でした。お話伺ってもいいですか?」

町長 「どうぞ、どうぞ。渓流まつりは今年で32回目。最初の頃は町民向けの

     イベントだったんだけど、情報発信や口コミでどんどん人気が出て、

     今年は県外からも沢山人が来たようだよ。私も朝の渋滞に捕まって

     大変だったよ。」

 

ウサヒ

▲菅原さんに丁寧に答えてくれる町長

 

菅原さん 「凄い人で賑わってますよね。」

町長 「昨年は豪雨の影響でここ(河川敷)まで水に浸かって開催できず

    残念だったから、今年こそ・・・という方が多かったんじゃないかな。」

 

ウサヒ

▲その通り・・・ 

そんな話をしている間にも、参加者が捕まえてきた魚が捌かれ、焼き魚に・・・

 

ウサヒ 「ジュルリ…うまそう。

 

ロイフェン

▲混雑したのは、道路や川だけでない!ロイフェンや・・・

 

ウサヒ

▲商工会も大忙し。

※写真はウサヒグッズでお馴染み近江屋のさとしさんです。

 

ウサヒ

▲一方、川の中では、女子に捕まえた魚を見せつける男子や

 

ウサヒ

▲120%楽しむための緑の食材(写真左)

 

ウサヒ

▲ウサヒの元に魚を見せに来てくれる子も。

 

ウサヒ 「昨年は渓流まつり、開催できずちょっと寂しかった夏だったけど、

      今年はバッチリだったね。菅原さんも楽しめたかな?」

菅原さん 「漁協の方や町長など、普段お話を聞けないような方から

      色々伺うことが出来て楽しかったです。今度は朝日町に遊びに来たい。」

 

商工会

▲商工会女性部がくれたキュウリ ※獲った魚ではない。

 

ウサヒ 「沢山の人の力で成功した渓流まつり。今年は渋滞や駐車の問題も

     あったけど、スタッフの方々のおかげで楽しく遊べたね。」

菅原さん 「渓流まつりで朝日町に初めて来た方も多いかも。他にも素敵な

      所、沢山あるのでいっぱい見ていって下さいね。」

弟子 「・・・今回出番少な・・・」

こうして、渓流まつりと今回のウサヒ研修生の1日は幕を閉じたのでした。

  

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。