ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
朝日町ふるさと納税公式サイト桃色ウサヒの朝日町探検F4
  • 初めての方へ
  • 携帯サイト
  • ふりがな
  • English
  • ???
  • 中文
  • 本文を音声で聴く
  • 文字の大きさ
  • 背景色の変更
  • 文字の大きさ 拡大
  • 文字の大きさ 標準
  • 背景色の変更 白
  • 背景色の変更 黒
  • 背景色の変更 青
  • 朝日町ふるさと納税の特徴
  • 選べる使い道
  • 選べる特典
  • ふるさと納税お申込み
  • 税制上の取扱
  • 寄付状況

ふるさと納税 > 平成27年1月11日「弟子、白山神社のおさいとうに行く」

平成27年1月11日「弟子、白山神社のおさいとうに行く」

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月27日

ウサヒ おさいとう 朝日町 大谷 白山神社

新たな年が明け、ウサヒ師匠がフーハ東京で活躍していた1月11日、

ウサヒの弟子は大谷地区の白山神社にいました。

                                                          .  

大谷2区長 「今年は必ずおさいとう来るんだぞ」

弟子 「去年は私もフーハ東京で行けなかったけど、今年は大丈夫です!」

.

※弟子と大谷2区の関係は昨年の大谷風神祭の日記その1その2その3その4

で大体わかりますのでお時間ある方は是非どうぞ。

                                                     .

という訳で、2014年11月頃から行くことを約束していた地域行事おさいとう。

※「おさいとう」は「どんど焼き」などと呼ばれる、無病息災を祈る小正月の行事です。

  詳しくは昨年の日記をご覧下さい。    
                                                                                                                                                .

ウサヒ

▲そんな経緯で、集合時間の13時30分頃、大谷二区に到着。

ここではおさいとうが行われる白山神社までの道に、雪灯籠を作るのが名物だそうです。

.

弟子 「あれ?準備ほぼ終わってる?」

区長 「おおー弟子、来たか!」

弟子 「区長さん、私、もしかして待ち合わせ時間間違えました?」

区長 「いや、合っているんだけどみんな張り切っていて、30分も早く準備が始まったんだ。

     白山神社の方はこれからだと思うから行ってみるか?」

.

ウサヒ

▲という訳で白山神社に到着。おさいとうの準備は中心に支柱を立てる所から始まります。

※大谷の七地区の内、お観音様がある第五区とお天神ある第三区以外の地区の方々は

合同で白山神社でおさいとうを行うそうです。

.

ウサヒ    

▲各地区の区長や役員、白山神社の氏子の方々は支柱の周り4方向にロープを通し…

.

ウサヒ

▲藁(わら)で囲っていきます。

.

地区の人 「今はコンバインで稲刈りが行われているから、なかなか藁が手に入らなくて

        茅を刈ってきて茅でおさいとうをやる地区もあるんだよ。」   

弟子 「そっか、私達稲刈りの時に藁燃やしちゃいましたが、貴重だったんですね。」

.

ウサヒ

▲と、そんなことを話していたら、おさいとうの中に皆さんがゴミ?を入れだした。

.

弟子 「えっ!神聖なおさいとうにゴミ入れちゃうんですか?」

地区の方 「これは、ゴミじゃないんだ。昔から、『字が上手に書けるように』と正月に書き初めした

        習字を入れたり、『頭が良くなりますように』とテストを入れたりしていたんだよ。」

.

ウサヒ

▲大谷地区は優秀な子が多いのか、これ以上頭が良くならなくてもいいのでは?

 というようなテストばかりでした。

.

ウサヒ

▲今回、こんな掛け軸なども燃やしてしまうとのこと。

                                                     .

弟子 「うーん。なんだかもったいないですね…」

地区の方 「なら…いるか?」

弟子 「…(掛け軸はいらないけど)あれは欲しいので下さい!」

※()内はココロの声です。

                                                      .

ウサヒ

大谷風神祭で使用するために取っておいたけれど不要になった蓑(ミノ)を頂きました。

                                                     .

地区の人 「おお!いいの貰ったな。それは昔のカッパなんだよ。水が流れていくから

        中に染み込まないんだ。昔はそれをみんな着たもんだ。」

弟子 「これで、濡れないんですか?凄い!他にも掘り出しものないかな。」

地区の人 「(…意外とがめついなコイツ)」

                                                      .

ウサヒ

▲弟子が、物色している間にいつの間にかおさいとうが完成!

 本番は夜7時からなので、一旦地区の方々と甘酒を飲んで休憩します。

                                                      .

ウサヒ

▲そして、午後6時半、大谷二区の公民館に地区の方々が集まり…

                                                      .

ウサヒ

▲二区の子どもたちを中心に神社までの道に灯りをともしていきます。

                                                     .

ウサヒ

▲午後2時頃、こんな感じだった道も…

                                                      .

ウサヒ

▲二区の方々で作ったかまくらに火が灯ると幻想的な道に変わり…

                                                     .

ウサヒ

▲その道の先にある白山神社では、おさいとうが始まりました。

                                                      .

地区の方 「ゆわい ゆわい ゆわい、弟子も言ったか?」

弟子 「え?なんですかそれ?」

地区の方 「正月でめでたい行事だから、『お祝い・お祝い』というのがなまって『ゆわい ゆわい』

       って言うんだよ。おさいとうはミズキの木にさした団子を掛け声をかけながら火で焼き、

       その団子を食べることで無病息災・五穀豊穣・家内安全などを祈願するんだ。」

白山神社氏子会の方 「団子~団子いらんかね~」

弟子 「マッチ売りの少女ならぬ、団子売りの方…、団子下さい!」

                                                       .

ウサヒ

▲団子の木は火の近くに立てます。

                                                      .

ウサヒ

▲皆さん、危険を冒して団子を焼こうとする中…

                                                      .

ウサヒ

▲何やら団子じゃないものまで焼こうとする人が…(注:弟子ではありません)

                                                     .

弟子 「アッー!!」

                                                      .

ウサヒ

▲燃える闘魂!みたいなことに…

                                                      .

地区の人 「これでウサヒも安泰だな。」

弟子 「エエエエーーーーー」

                                                       .

ウサヒ

▲安全そうな雪灯籠にとりあえず避難…

                                                     .

弟子 「それにしても、この雪灯籠、落ち着く明るさですね。朝日町でもおさいとうは

     各地区で行われていますが、雪灯籠も一緒にっていい組み合わせですね。」

地区の方 「実は、10年ほど前、この地区で冬にできるイベント何かないかっていって

       地区のみんなで米沢の雪灯籠を見に行ってきたんだ。それで米沢の雪灯籠を

       やるには大変だからもっと簡単にしておさいとうと一緒にやろうって始まったんだ。」

                                                       .

ウサヒ

▲米沢に雪灯篭を見に行った当時、区長・公民館主事として、

 地区で活躍していたお二人が思い出話に花が咲く中…

                                                      .

ウサヒ

▲おさいとうの準備から片付けまで影で支えて下さる大谷二区の女性の方々も乾杯

 (「弟子さんもどうぞ」と言われましたが、蓑をまとっていたので丁重にお断りしました)

                                                      .

ウサヒ

▲女性たちが作ったおしるこを頂きながら

                                                      .

「日本昔ばなしで盛り上がる大谷風神祭といい、歴史あるおさいとうに上手く組み合わせる

雪灯籠とい、大谷の方々は伝統あるものを他のものとくっつけてもっと発展させていく

そんなことが本当に上手だな」

.

と大谷地区の凄さ、面白さを感じつつ、弟子は大谷地区を後にしました。

                                                          .

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。