ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 新曲「浮島物語」の奉納とヒット祈願 民謡歌手、平たか子さんが浮嶋稲荷神社を訪れる

新曲「浮島物語」の奉納とヒット祈願 民謡歌手、平たか子さんが浮嶋稲荷神社を訪れる

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月19日

 宮城県大崎市在住の民謡歌手、平たか子さんが来月、「浮島伝説」という新曲を日本コロムビアからリリースすることとなり、平成23年10月18日、新曲の奉納とヒット祈願のため、作詞家の堀あかねさん(仙台市)、作曲家の福居城大さん(同県亘理町)らとともに大沼浮嶋稲荷神社を訪れました。

 これまで全国各地の民謡コンクールに出場し、数え切れないほどの優勝経験を持つ平さん(下記プロフィール参照)。これらの活躍から新たにCDリリースの話がまとまり、その後、宮城県内で作詞活動を行っている堀さんに作詞を依頼。「浮島伝説」は、この依頼に堀さんが応えたもので、同じく宮城県内を中心に活躍する福居城大さんが音を乗せました。

 「5年前の初冬、山形に住む友人の案内でこの場所を訪れたとき、心が掻き立てられるような情景に思わず感動しました…」と語る堀さん。「この唄は当時の思いを元に作詞したもので、今日はCDがリリースされる前に、まずは神社に唄を披露しようと訪れました。多くの方に唄っていただき、この場所に多くのお客さまが来ていただければ幸いです」と続け、神社にヒットを祈願しました。

 

≪ベルギーの国際会議で唄を披露≫

 この取材途中、堀さんの携帯が鳴りました。数分後、興奮気味に電話を終える堀さんに話をうかがと、なんと、11月2日に開催される「国際青年会議所」のベルギー大会に、アトラクションとして平さんの出演が決まったそうです。約30分間の持ち時間で、曲目は、宮城・岩手・山形の民謡。もちろん「浮島伝説」も含まれています。曲目ごとに唄の説明もあるそうで、「大沼の浮島」が世界に紹介されることになります。

 「本当に驚いています。まさに大沼の浮島のご利益でしょう」と堀さんは声を震わせていました。

 

≪リンク≫

・「国際青年会議所 ベルギー大会」(2011 JCI WORLD CONGRESS IN BRUSSELS) ※ 英語のホームページです

 

 ▼平たか子さんのプロフィール

「平たか子めでたしコンサート」のパンフレットより

(2010年11月20日/宮城県大崎市鹿島台 鎌田記念ホール)

 20111020125648262_0001.jpg

 

 

 

1.jpg

浮嶋稲荷神社内で行われた神事の様子

神社に新曲の完成を報告し、ヒットを祈願しました

 

2.jpg

(左から)作詞を担当した堀あかねさん、作曲を担当した福居城大さん、

唄い手の平たか子さん、そして堀さんと平さんを仲介した阿部千賀子さん

 

3.jpg

浮島伝説の歌詞です 

 

4.jpg

 最上俊一郎宮司がお祓いを行い…

 

5.jpg

 来訪者6人が一人ずつ玉串を捧げました

 

6.jpg

 江戸時代には、徳川幕府の祈願所として手厚く保護された大沼の浮島

提灯には葵の御紋がありました

 

7.jpg

その後、「浮島伝説」の新曲が奉納されました

作曲を担当した福居さんに話をうかがうと、

曲調は唄がメインというよりも、むしろ踊りを意識したもので、

「日本舞踊に利用していただければ…」と話していました

 

9.jpg

 大沼の浮島の歴史について

最上宮司に尋ねる堀さん

 

10.jpg

 終了後、最上宮司が境内で記念撮影を行う平さん

その後、来訪者一行で湖畔へと足を運びました

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。