ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 小正月の伝統行事「だんご下げ」を楽しむ―あさひ保育園

小正月の伝統行事「だんご下げ」を楽しむ―あさひ保育園

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年1月11日

 平成24年1月10日、あさひ保育園で小正月の伝統行事「だんご下げ」が行われました。

 古くから地域文化として受け継がれている「だんご下げ」は、元来、五穀豊穣、豊作などを願う伝統行事。ミズキの木にだんごや彩り豊かな「ふなせんべい」を下げ、縁起物して家庭の床の間や神棚などに飾ります。地域によっては「繭玉(まゆだま)」との呼び名もあり、繭の豊収を祈って小正月に作られたそうです。

 自ら丸めただんごを真剣なまなざしで枝の先につけていく園児たち。完成後は今年1年間元気に楽しく暮らせるよう、だんご木に向かって手を合わせました。

 

 

1.jpg

園内の「あさひっこルーム」に3歳以上児クラスの全園児が集合

「明けましておめでとうございます」と元気にあいさつを交わしたあと、

今年の干支やだんご下げについて先生からお話があり…

 

2.jpg

 さっそく先生方がだんごをこね始めました

 

3.jpg

 約10分でだんごの塊が出来上がると…

 

4.jpg

 着色料を加えて、赤、黄、緑のだんごにしました

ちなみにこの3色は

 

4-1.jpg

 あさひ保育園の3つのテーマを意味するもの

こうした気持ちを大切に成長してほしいという願いが込められています

 

5.jpg

塊はその後、小分けにされ…

 

0110 042.jpg

園児が…

 

7.jpg

一つ一つ丸めました

 

8.jpg

丸め終わっただんごは、きちんと色別にまとめられ…

 

9.jpg

調理室でお湯にかけられます

 

10.jpg

 ゆで上がっただんごは、園児の手により枝の先につけられ…

 

0110 098.jpg 

完成

 

0111 010.jpg

その後、ふなせんべいなどが添えられ、園内に飾り付けられました

 

14.jpg

 出来栄えに満足げな表情を浮かべる園児たち

今後しばらく小正月の雰囲気を演出します

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。