ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > いもがわ少年教室「和凧づくり」

いもがわ少年教室「和凧づくり」

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月12日

 西五百川小学校区の親子を対象にした「いもがわ少年教室」の和凧づくり講座が平成24年2月11日、西部公民館で開催されました。

 毎年この時期に行われている「外遊びと昔遊びにふれる」シリーズの一環で行われたもの。少年時代に和凧でよく遊んだという長岡稔さんと相座孝雄さん(ともに太郎二)が講師を務め、8組の親子が竹製の骨組みづくりから糸の取り付けまで一連の工程を体験しました。

 完成後は、外で出来栄えを確かめてみた子どもたち。ほぼ無風の天候のため、凧はなかなか思うように上がりませんでしたが、終了後は「楽しかった。家でもう一度チャレンジしてみたい」などと話し、満足げな表情を浮かべていました。

 

 

 IMG_5759.jpg

 講師を務めた長岡稔さん(左)と相座孝雄さん(右)

少年時代は毎年凧上げを楽しんだといいます

凧上げというと、一般的には正月というイメージですが、

朝日町では固雪の上がその場所であったため、

時期は雪が固くなる2月以降に行われていたそうです

  

01.jpg

昔の遊び道具を一から作るのがこの講座の醍醐味

子どもたちは和紙を切り取ることから始め…

 

1.jpg

次に絵の具やペンを使って絵を描きます

 

2.jpg

その間に、講師のお二人は骨組みの基礎を

作ってくれました

 

3.jpg

その後、講師や…

 

3-1.jpg

保護者の手を借りながら、

骨組みの角をしっかりと糸で止めます

 

4.jpg

続いて両面テープを使って

 

5.jpg

自分の描いた絵をピタッと貼り付け…

 

6.jpg

最後に、糸をつけて完成

 

7.jpg

8人それぞれの手作り凧が出来上がりました

 

8.jpg

その後、外に出て凧上げを楽しむ子どもたち

保護者に凧を持ってもらい、勢いよく駆けだします

 

10.jpg

風がなく、なかなか思うように上がりませんでしたが

途中から助走場所を坂道に移すと、より高く上がるようになりました

 

11.jpg

閉会式で講師のお二人にお礼を述べる子どもたち

「また家で試してみたい」といった感想が数多く寄せられていました

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。