ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 快晴の空の下、黄色と青のコントラストを楽しむ ―「水本菜の花観写祭(かんしゃさい)」

快晴の空の下、黄色と青のコントラストを楽しむ ―「水本菜の花観写祭(かんしゃさい)」

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年5月28日

 平成24年5月27日、水本地区で「水本菜の花観写祭」が開催され、快晴の青空の下、約150人が菜の花の「黄」、空の「青」、新緑の「緑」のコントラストを楽しみました。

 水本地区で平成19年度から実施されている「菜の花プロジェクト」。(社)県トラック協会、村山総合支庁、朝日町そして地域住民(水本菜の花協議会)が協力して育てた菜の花から菜種油を採取し、町内の学校給食に利用。使用済みの廃油を回収してバイオディーゼル燃料を精製し、同協会会員が利用するものです。

 この祭りは菜の花が見頃を迎える時期に合わせて開催されているもので、今年で4回目。菜の花畑の特設ステージで行われたイベントでは、セレモニーに続いて、満開の菜の花をバックにした「送橋神明こぶし太鼓(清野むつみ代表)」と「成の原一座(成原千枝代表)」による大黒舞が披露され、アマチュアカメラマンらが一心にシャッターを切っていました。

 「送橋神明こぶし太鼓」の清野代表は、「招待いただいて今回で3回目。ようやく晴れてくれましたね(笑)。快晴の青空の下、満開の菜の花に囲まれて演奏でき、本当に気持ちよかったです。思い出に残る演奏となりました」と額の汗を拭きつつ、笑顔で話してくれました。

 

 

 

01.jpg

現地に立つ「菜の花プロジェクト」の説明看板

 

1.jpg

開催4回目にして、初めて晴れわたりました

 

2.jpg

近くの田んぼには、白鷹山系の山々と雲が映り込んでいました

 

3.jpg

 セレモニーであいさつを述べる

「水本菜の花協議会」の岡崎吉博会長

念願叶っての天気に、終始ご満悦の様子でした

 

4.jpg

菜の花の「黄」、空の「青」、新緑の「緑」

このようにすばらしい3色のコントラストは、なかなかお目にかかれません

 

6.jpg

 セレモニーに続いて行われたのが「送橋神明こぶし太鼓」の披露

 送橋小学校に長年受け継がれてきた「沢内豊年太鼓」が

同小の閉校によってなくなってしまうのを惜しみ、

送橋地区の有志で伝えていこうと約5年前に結成されました

 

詳しくは「広報あさひまち」2009年12月号(12-13頁)をご覧ください

今・輝いて「母ちゃん衆に元気がなければ、地区も元気になりません」

(「送橋神明こぶし太鼓」代表 清野むつみさん)

 

7.jpg

「音が拡散してしまうのでは・・・」といったメンバーの心配をよそに・・・

 

8.jpg

 息の合った演奏を披露

 

9.jpg

 途中、ほら貝も登場するなど・・・

 

10.jpg

 終始、来訪者を魅了しました

 

11.jpg

 このあと、「成の原一座」の皆さんによる大黒舞も披露され・・・

 

12.jpg

一年に一度のお祭りを盛り上げてくれました

 

13.jpg

 「感謝祭」ではなく、「観写祭」と表記するこのまつり

菜の花を「観」て、「写」すイベントです

写真コンテストが同時開催されていることもあり、

記念撮影会も行われました

「送橋神明こぶし太鼓」のメンバーの方々や・・・

 

14.jpg

「成の原一座」の方々・・・

 

16.jpg

そして来訪者のファミリーなどが

ギャラリーからモデルとして要請を受け、ポーズを取りました

 

15.jpg

 モデル役の子どもを向けるカメラマンの方々

一眼レフカメラを持っていた人だけでも15人から20人ほどいました

 

17.jpg

 「ワタシにも撮らせてー(笑)」

 

18.jpg

 イベント終了後は、旧水本小体育館で昼食

 

19.jpg

今が旬の ワラビやタケノコがどっさり入った山菜汁と・・・

 

20.jpg

菜の花のおにぎりが振舞われました

 

21.jpg

 約150人が春の一日を楽しみました

 

  

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。