ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 第48回朝日町芸術文化祭

第48回朝日町芸術文化祭

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月5日

 48回目を数える町芸術文化祭が11月3日から2日間の日程で創遊館・西部公民館・北部公民館、太郎公民館(移動芸能発表)を会場に開催されました。

 今年度、町芸術文化協議会に加盟しているのは、35団体、2個人、会員総数は402人で、それぞれの会員がステージで、そして展示で日ごろの活動の成果を発表し発表。多くの町民が各会場を訪れ、文化の秋を堪能しました。

 

 

1.jpg

創遊館内の展示の様子

こちらは朝日盆栽園芸愛好会です

 

2.jpg

池坊教授者研究会

 

3.jpg

朝日書道研究会

 

4.jpg

絵画好会

 

5.jpg

創遊館和室の茶室の様子

はじめていただく抹茶に微妙な表情を浮かべる男の子

 

6.jpg

でも最後は残さずいただき、ご満悦の表情でした

 

7.jpg

こちらは、創遊館ホールの日本舞踊「柳香会」

 

8.jpg

そして、ステラ コンチェルトの櫻井育美さん

 

 

 

 

10.jpg

最後に紹介するのが、創遊館の芝生広場で行われた

「森重流砲術伝承会」の演武

 

※森重流砲術伝承会

 火縄銃の射法を研究する森重流砲術は、防州末武(山口県)の森重靭負都由(もりしげ ゆきえすべよし・1759-1816)が流祖で、作法を重んじることが特徴。

 町へ伝わったきっかけは、これを長らく研究してきた永井正夫師範(=写真左端)が平成5年に東京より町に転入したこと。現在は地元の門下生約10人と毎月1回稽古を重ねつつ、町の文化祭のほか、上山市でも年1回演武を披露している。

 

11.jpg

こうした馬防柵を用いた火縄銃の早打ちなど、各種砲術を披露

 

1104 242.jpg

永井師範の表情からは、戦国時代さながらの鬼気迫る雰囲気が読み取れました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。