ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 入賞には一歩及ばず… ふるさとCM大賞

入賞には一歩及ばず… ふるさとCM大賞

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月15日

Share (facebook)>

 YTS(山形テレビ)が主催する「山形ふるさとCM大賞」が今年も実施され、11月13日山形市内で公開審査会が行われました。

 今年の朝日町の作品は、佐藤恒平町情報交流推進員が制作。りんごをはじめとしたおいしい農産物を「朝日音頭」のリズムに乗せて桃色ウサヒが紹介しています。

 参加した35市町村中、唯一のアニメーション作品。残念ながら入賞にはあと一歩及びませんでしたが、異彩を放つ作品として審査員からは高い評価をいただくなど、独自の存在感をアピールしました。

 

 朝日町の作品をはじめ、出品されたCMはこちらからご覧になれます。

 →第13回山形ふるさとCM大賞(YTS山形テレビ ホームページ)

 

 

1.jpg

13日、午後から行われる審査会を前に、

この日の早朝6時台

CM製作者の佐藤恒平情報交流推進員(桃色ウサヒ)はある場所にいました

 

1113 006.jpg

空気神社です

必勝祈願として一昨年昨年と2年連続で訪れ、見事連続入賞しました

今回もそのゲンを担ぎました

 

2.jpg

なかなか訪れる機会のなかった晩秋の空気神社

ほかの季節にはない風情がありました

 

3.jpg

賽銭を入れて、2礼、4拍(四季をイメージ)、そして空を仰ぎ一礼

空気神社オリジナルの礼式に従い、入賞を祈願しました

 

4.jpg

こちらは審査会が行われた山形テルサの一室

 

5.jpg

出番に向けスタンバイしていると

子どもたちや女性がたくさんウサヒのもとへ集まってきました

記念撮影の依頼もたくさんあり、知名度の高さを物語っていました

 

6.jpg

こちらは、中山町のキャラクター「カブくん」

カブトムシをイメージしています

 

 

9.jpg

さて、本題のCMはこちらから

 

8.jpg

残念ながら入賞までには及びませんでしたが、

終了後には制作に携わったスタッフが

司会の八波一起さん、佐藤唯さんとともに記念撮影をとりました

Share (facebook)>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。