ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 古民具で昔の生活を感じてみませんか?

古民具で昔の生活を感じてみませんか?

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月6日

 町教育委員会で管理している古民具を展示する「古民具展」が12月5日から「あさひ旅のココロ館」で開催されています。

 「昔使われていた道具ってどういうものがあるの?」小学生からそういった疑問の声が挙がり、町観光協会では今回の「古民具展」を企画。民具を保管する大沼分校から借り上げた「こたつやぐら」や「おそふきわらじ」など冬季に用いられたものを主に展示しています。

 古民具は平成25年3月12日まで展示する予定です。皆さんも一度ご覧になってはいかがでしょうか。

 

DSC_0163.jpg

様々な用途で使用された古民具が綺麗に並んでいました。

 

DSC_0143.jpg

 「こたつやぐら」

中の炉に炭などをおこし、布団をかけて大勢で暖をとるために使用されます。

 

DSC_0138.jpg

「あんか(あんかん)」

「こたつやぐら」と同じく、暖をとるために用いられました。

 

DSC_0144.jpg

ご存知の方も多いかもしれませんがこちらは「アイロン」

衣類のしわ伸ばし等に使用する器具です。

中に炭火を入れて金属部分を熱して用いられました。

 

DSC_0151.jpg

「おそふきわらじ」

通常の草鞋(わらじ)と違い、つま先(おそ)が覆われており、

浅雪の近所歩きや雪中の労働用に用いられたそうです。

 

DSC_0160.jpg

「ふかぐつ」

 藁で作った長沓で、こちらも雪中の歩行や雪下ろし等に用いられた履物です。

 

DSC_0134.jpg

今回紹介したもの以外にも様々な古民具があり、

古民具のどこか落ち着いた雰囲気が心を和ませました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。