ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 大谷小学校でお正月のしめ飾りづくり

大谷小学校でお正月のしめ飾りづくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月19日

 12月18日、大谷小学校の5年生13人が正月のしめ飾りづくりを体験しました。

 稲作を学ぶ総合の授業の一環として実施されたもので、白田芳美さんと川村直美さん(いずれも大谷三)が講師。材料には、稲ワラよりもきれいに仕上がるスゲを使用し、縄を綯(な)う作業から始めました。

 縄綯い自体ほとんどの児童が初めてで、終始講師に手ほどきを受けながらの作業となりましたが、約2時間で完成。金田一希くん(大谷六)は「すごく難しかったけど、出来ばえは満足。家に飾ります」と感想を語り、講師の白田さんは「市販のものはボンドづけのものがほとんど。見比べて、手作りの良さを感じてほしい」とよびかけていました。

 

 

 

1.jpg

児童を前に手本を示す白田さん(左端)と、川村さん(その隣)

通常の縄は右手を押し出して綯いますが、しめ飾り用の縄は反対の動き

「右手を引いて綯うんだよ」と最初に説明していました

 

2.jpg

その後、あっという間に縄ができていき…

 

3.jpg

「最後に、これくらいのダイダイ(みかん)をつけて完成だな…」

ダイダイは冬を過ぎても木から落ちず、2~3年枝についていることから、

大きく実が育つことにあやかって縁起物として用いられているそうです

「代々家が栄える」「複数の代の実がなる」ことに由来する説もあるようです

 

4.jpg

その後、さっそく作業を始める児童たち

 

5.jpg

ほとんどが初めてで、講師の手ほどきを受けながら綯っていきます

 

6.jpg

太郎出身の長岡昇校長先生は、慣れた手つきで作業していました

 

7.jpg

その後、2人で協力しながら…

 

8.jpg

1本の縄に仕上げ…

 

9.jpg

飾りをつけて完成

「先生、上手だなぁ…」

最後に形を整えてくれた川村さんの手つきを見る児童の視線が印象的でした

 

10.jpg

「ボクの出来栄え、どう?」

 

12.jpg

こちらの児童は、満足の表情です

 

13.jpg

最後に、記念撮影を行いました

手作りのしめ飾りで迎えるお正月。来年はきっといい一年になることでしょう

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。