ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 誕生!りんご冷麺 ―町内10店舗で食べられます―

誕生!りんご冷麺 ―町内10店舗で食べられます―

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月13日

 町の特産品であるりんごの果汁を麺に練り込んだ「りんご冷麺」の発表試食会が6月13日、開発センターで行われ、町や議会、商工会関係者など約30人が出席しました。

この麺は昨年、町産業創造推進機構(代表=鈴木浩幸町長)が開発したもの。ほんのりとしたりんごの香りと、つるっとしたのど越しが特徴です。昨年秋以降、りんごを飼料として与え放牧で育てた「あっぷるニュー豚」などとともに、宅配用の食材として主に利用されてきました。

このオリジナリティーあふれる麺に着目したのが、町旅館飲食同業組合(齋藤頼靖組合長)。「朝日町と言えばこれ、と言えるような商品を提供できないか、会として模索していました(齋藤組合長)」といい、町への誘客につなげようと、会員10店舗による本メニューの共同展開を決めました。来年度実施される「やまがたデスティネーションキャンペーン」も見据えた取り組みです。

 ほんのり甘酸っぱく、そして爽やかな、そしてこれからの季節にもってこいの味。麺は共通ですが、スープや具材は各店舗がそれぞれの個性を生かします。ぜひご賞味ください。

 

・取り扱い店舗のマップ  こちら…町旅館飲食同業組合事務局(町商工会ホームページより)

 

≪提供店舗≫

・6月14日現在提供しているお店(6店舗)

西郷亭、レストラン牡丹、お食事処番外地、新華楼、Asahi自然観、ふくろう村

・今後順次提供するお店(4店舗)

りんご温泉(6月16日~予定)、朝日鉱泉ナチュラリストの家(6月22日~予定、ランチ)、スナック詩(6月末)、大丸屋旅館(6月中・宿泊者のみ)

 

 

1.jpg

今回提供された麺

町の特産品であるりんごを練りこみました

 

2.jpg

発表会の様子

PR用ののぼり旗も作りました

 

3.jpg

一方、別室では着々と試食の準備が整えられ…

 

4.jpg

約30人分が用意されました

 

5.jpg

提供されたりんご冷麺

 

6.jpg

つるっとしたのどごしが特徴で、

あっという間に平らげていました

 

7.jpg

麺は調理後もほんのりとりんごの香りが漂います

 

8.jpg

終盤、ウサヒとともに登場したのは「きてけろくん」

来年山形県で行われる日本最大の観光キャンペーン

「やまがたディスティネーションキャンペーン」に向け

このほど誕生したPRキャラクターです

 

9.jpg

この日はたくさんの報道機関が取材に訪れました

町広報も担当7年目にして、初めてカメラとマイクを向けられました

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。