ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 第30回アップル町民駅伝競走大会

第30回アップル町民駅伝競走大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月13日

 りんごがたわわに実る朝日町の秋の風物詩「町民アップル駅伝競走大会」が10月13日開催され、13チームが25.0キロ、11区間をタスキでつなぎました。

 今年のレースは、昨年の覇者、中沢・玉ノ井に、昨年まで3年連続準優勝の大谷風、安定した強さを誇る宮宿Aなどが挑む展開。序盤は、高校陸上界でも活躍する中沢・玉ノ井の五十嵐大義選手がエース区間の2区で快走を見せ、レースを引っ張ります。しかし、その後5区で宮宿Aの佐竹尚哉選手が区間賞の走りで、中沢・玉ノ井を逆転。7区で一時的に抜かれる場面もあったものの、8区以降は再び先頭に立ち、後続の選手もこれをキープします。最終11区では、「大谷風」の箱根駅伝ランナー桜井豊選手から猛追を受けたものの、アンカー長岡輝喜選手が15秒差で逃げ切り、3年ぶり4回目の栄冠を手にしました。

 

■総合順位

1位    宮宿A             1時間33分29秒

2位    大谷風           1時間33分44秒

3位    中沢・玉ノ井       1時間35分11秒

4位    チーム前田沢2013    1時間38分11秒

5位    上郷                1時間38分16秒

6位    ときわ               1時間39分37秒

 

■区間賞

 

1区(1.5km)  鈴木澪弥(和合水上)       5分36秒

2区(3.7km)  五十嵐大義(中沢・玉ノ井)    10分58秒

3区(2.7km)  大竹晶徳(宮宿A)           9分41秒

4区(1.2km)  深澤大樹(宮宿B)            4分59秒

5区(2.2km)  佐竹尚哉(宮宿A)           7分30秒

6区(1.4km)  相座一生(太郎)           5分54秒

7区(3.6km)  安藤茂昭(上郷)           11分56秒

8区(1.6km)  佐竹結衣(上郷)             6分16秒

9区(2.3km)  千葉隆一朗(宮宿A)          8分17秒

10区(1.2km)  若月麻未(和合水上)       4分37秒

11区(3.6km)  桜井豊(大谷風)          10分34秒

 

 

ユニフォームやジャンパーを新調

 

今年30回目の節目を迎えたアップル駅伝。大会実行委員会では、記念事業として各チームのユニフォームやジャンパーを新調するための助成金を出しました。「今後も末永く出場してもらいたいという想いのほか、チームのシンボルカラーを持つことで、郷土愛にもつなげたいと思いました」と大会関係者。「箱根駅伝でも早稲田といえばエンジですし、駒沢は紫。東洋といえば鉄紺です。色はチームの象徴ですから」と経緯を語ります。

そろいのユニフォームに身を包み、地域の誇りをかけて走る選手たち。歯を食いしばってタスキをつなぐ姿は、順位にかかわらず、すべてのチーム・選手が一様に輝いていていました。

 

 

  

1.jpg

午前9時30分 創遊館前をスタートする1区の選手たち

 

DSC_4529.jpg

 2区を快走する中沢・玉ノ井の五十嵐大義選手

2位に1分以上の差をつけ、区間賞を獲得しました

 

1-1.jpg

 2区から3区へのタスキリレー(和合果樹流通センター)

 

3.jpg

秋真っ盛りの朝日町 きれいなススキを横目に3区を力走する選手

 

4.jpg

 伴走するスタッフの声にも力がこもっていました

 

5.jpg

 4区を走る選手 一般女性も多数出場しました

 

6.jpg

 4区~5区のタスキリレー(朝日町ワイン前)

 

 8.jpg

中継地点までラストスパートする6区の選手(元能中地内)

 

9.jpg

 7区を走る選手に対し声援を送る八ツ沼地区の人々

  

 11.jpg

 西船渡交差点付近を力走する7区の選手

 

DSC_4602.jpg

松程地内を走る10区の選手

 

12.jpg

ゴールする宮宿Aのアンカー長岡輝喜選手

大谷風の桜井豊選手(=写真左上奥)の猛追を逃げ切りました

 

13.jpg

3年ぶり4度目の優勝を手にし、喜びの握手を交わす

宮宿Aの近藤裕明監督と長岡選手

 

14.jpg

レース終了後に行われた表彰式の様子

  

 1013 508.jpg

優勝した宮宿A以下6位まで表彰を受けたほか、各区間賞、そして・・・

 

16.jpg

永年出場者に表彰状が授与されました

代表で登壇したのは和合山の神の菅井道也選手

出場はなんと30年連続。第1回から出場し続けている功績に対し、

会場からは大きな拍手が送られていました

 

17.jpg

 優勝した宮宿Aの皆さん。おめでとうございました

  

18.jpg

今回の大会ではタスキも新調

色はそれぞれのチームが決めました

 

19.jpg

閉会式では、ジャンパーをそろえたチームが登壇し、デザインを紹介

 

21.jpg

 三中チームの背中には、このようなカッコいいプリントがありました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。