ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 大自然のド真ん中で夏休みを満喫!第32回朝日川渓流まつり

大自然のド真ん中で夏休みを満喫!第32回朝日川渓流まつり

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月4日

渓流まつり01

 夏本番。照りつける太陽のもと、町の夏の風物詩となっている朝日川渓流まつりが8月3日、朝日川河川公園(立木)で開催されました。

 昨年は朝日川の雨天による増水のため中止となった渓流まつりでしたが、今年は連日晴れ続きで気温も35度を超す絶好の川遊び日和。回を重ねる毎に来場者も増えており、なんと今年は過去最多となる約2000人もの方が参加。会場前の駐車場に加え、急きょ旧立木小学校のグラウンドを使用するほどで、一時会場付近の道路には1キロ以上にわたって車の列ができるほどでした。

 この日のために用意されたイワナ・ヤマメ・ニジマスなどの渓流魚はおよそ7000匹。つかみどりのメインステージとなるのは朝日川をそのまま利用して作られた約300mの浅瀬で、参加者は全身水に浸かりながら魚の影を追いかけ、真夏の「涼」と「漁」を楽しみました。

カウントダウン01

午前10時のつかみ取り開始を前に登場したのは鈴木浩幸町長と桃色ウサヒ。つかみどり開始のカウントダウンは…

カウントダウン02

大きなクラッカーで「ドーン!」

つかみどり開始

参加者が我先にと朝日川へ。「水が冷たくてきもちいい~!」

渓流魚

川の水がきれいだから、泳ぐ魚の姿もしっかり見えます

つかみどり01

いるぞいるぞ…… 慎重に追いつめて

つかみどり02

「石の下や岩陰がねらい目だぞ」と お父さんのアドバイス

とれたよ

「とれたよ~!」と喜びのひと声

つかみどり03

天気がいいので濡れるのも気になりません

たくさんとれたよ

自分でつかまえたよ と誇らしげな子どもたち

調理

広場に調理場が用意されているので、つかまえた魚はすぐにさばいて…

調理02

塩焼きに!

おいしいね

自分でつかまえたお魚はおいしいね

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。