ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 国内トップパドラーが集結。カヌーランドで「日本カヌーフリースタイル選手権」

国内トップパドラーが集結。カヌーランドで「日本カヌーフリースタイル選手権」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月23日

 平成26年4月20日、玉ノ井地内にあるカヌーランド(通称「タンの瀬」)で「日本カヌーフリースタイル選手権大会(兼2014カヌーフリースタイル ワールドカップ派遣選手選考会)が開催されました。(主催は日本カヌー連盟)

カヌー1

 カヌーの「フリースタイル」とは、「ウェーブ」とよばれる波の立つ場所や、「ホール」とよばれる流れの落ち込む場所などで2m前後のカヤック(艇)を乗りこなし、技を繰り出すもので、カヌー全体の中では比較的新しい種目。激流の中で艇を自在に操る姿は、ダイナミックそのものです。

 カヌーランドは、この競技を楽しむための良好なスポットが天然の地形で出来上がっており、愛好者によれば「日本全体で見ても、最も安定感のある波ができる場所」と言われています。本大会は2009年からこの場所での開催となり、コンディションとして豊富な水量が好まれることから、雪解け水の多いこの時期に開かれています。

 競技は45秒間の中でできるだけ波の中にとどまり、様々な技を繰り出してその得点を競うもの。エントリーしたのは昨年の世界選手権出場者など国内トップパドラー48人で、難易度の高いダイナミックな技が繰り出されると、周囲から大きな拍手と歓声が上がっていました。

≪関連リンク≫

日本カヌー連盟

カヌーランド駐車場

カヌーランド駐車場。出場者48人のうち県内は一人だけ。ほとんどが県外で、特に西日本のナンバーの車がたくさん並んでいました

大会の様子1

町広報が取材したのは午後1時頃。エントリーの最も多いK-1男子の準決勝、決勝が行われていました

大会の様子2

激流の中でダイナミックなパドリング

大会の様子3

水中で技を繰り出します

大会の様子6

出場者の中には女性の姿も…。去年アメリカで開かれた世界選手権で準優勝した選手です

大会の様子4

皆の目が競技に釘付けになり…

大会の様子5

アマチュアカメラマンもたくさん来ていました

迫力の競技!(写真をクリックすると映像が見られます)

フリースタイル動画

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。