ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > エコミュージアム案内人の会による酒蔵見学会

エコミュージアム案内人の会による酒蔵見学会

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月16日
001 
 朝日町エコミュージアム案内人の会による鈴木酒造(大町)の酒蔵見学会が3月8日行われました。
 地酒「豊龍」を造るこの酒蔵は300年の歴史があり、従業員5人という規模は県内最小。現代の酒造りは機械制御による管理が一般的ですが、この酒蔵では今も杜氏の「感覚」を大事にし、「人の手で造ることで、2つとして同じ酒ができないところに面白味がある」と鈴木和香子社長は言います。
 歴史を感じる建物を興味深そうに眺めつつ、杜氏の田川栄樹さん(八ツ沼)の説明に耳を傾ける参加者。試飲コーナーでは飲み比べを楽しみ、ほろ酔い気分で蔵を後にしました。

 

002

 滅多に見られない酒蔵の仕込み風景に、皆さん興味しんしん

 

003

杜氏の田川さんのお話に熱心に聞き入ります

 

004

「新酒の出来上がりを知らせる杉玉です」と説明をする鈴木社長

 

005

皆さんで記念撮影。貴重な体験ができました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。