ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 第36回朝日町ワインまつり

第36回朝日町ワインまつり

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月24日

01

 朝日町の秋の風物詩、ワインまつりが平成27年9月23日、創遊館芝生広場で開催されました。

 この日用意されたのは、新酒の朝日町ワイン赤、白、ロゼ、1600リットルと、ぶどうジュース400リットル。参加者は町内産牛肉のバーベキューなどでワインを堪能したほか、樽入りのブドウを踏み搾った果汁の量を競う「ブドウ踏み競争」、大粒ブドウ、ワインなどの町特産品が当たる抽選会などで、秋の一日を満喫しました。

 近年の国産ワインコンクールでの快挙もあり、1400席分の前売りチケットは発売開始日に完売する人気ぶり。参加者の一人は「天気も良くて最高!これで気分よく連休を締めくくれます」と頬をほんのりと赤らめていました。

1

午前11時30分の開場を前に、受付には長蛇の列ができていました。

2

同じ時間の会場内の様子。お客さまを迎える準備が整っていました

3

会場入口前では町長や関係者のほか・・・

05

今年成人式を迎えた3人の女性が「ワイン娘」としてお客さまを迎えます

6

開場からほどなくして、会場はいっぱいに・・・

7

今話題のドローンを使って上空から撮影した様子。会場奥からいっぱいになっている様子がわかります

※写真提供:永井毅さん(山形市)

8

正午、関係者が登壇し・・・

9

JAさがえ西村山の古沢明代表理事組合長の発声で乾杯しました

10

ワインのサービスコーナーには長い行列ができていて・・・

11

待ちわびたお客さまがワインの提供を受けていました

12

ワイン娘もまごころを込めてワインを注ぎます

13

天気にも恵まれ、満面の笑みを浮かべる参加者の皆さん

いくつかのグループを撮らせていただきました

14

15

16

17

中には今週末に行われる「あさひまちミートマラソン」のTシャツを着たお客さまも

18

乾杯からほろ酔い気分になった頃、メインイベントのブドウ踏み競争が始まります

一定時間樽入りのブドウを踏み、搾った果汁の量を競うものです

19

エントリーは4人一組。交代で勢いよくブドウを踏み・・・

20

その奮闘ぶりに、ギャラリーの方々も笑顔を浮かべていました

22

桃色ウサヒはどこに行ってもひっぱりだこ。会場じゅうで記念撮影を依頼されていました

23

この日はNOSAI山形のキャラクターもやってきて、会場を盛り上げていました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。