ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 第1回あさひまちミートマラソン

第1回あさひまちミートマラソン

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月2日

01

 第1回あさひまちミートマラソンが9月26日に開催されました。

 町が昨年度から取り組む「ブランド戦略」の一つとして今年初めて企画し、町や町商工会、町交通安全協会などで構成する実行委員会が主催。高低差のある坂道を上る「ヒルクライム」と、町特産の放牧ブランド豚「あっぷるニュー豚(とん)」を提供する食事を目玉にした大会です。

 北は北海道から南は広島県まで、約140人がエントリー。町立西部公民館を出発し、Asahi自然観を目指す、距離10キロ、高低差380mのコースに挑みました。。「ミートマラソン」という大会名は「肉」と「出会い」の英語をもじったものです。
 

 厳しい坂道を歯を食いしばりながら駆け上る選手たち。最も速い選手は38分と驚異的なスピードでゴールし、ゴール付近のスタッフを驚かせていました。また、選手の大半は1時間30分以内でゴール。「予想以上に速くゴールできた」と口をそろえ、ある参加者は「沿道の声援が後押ししてくれた」と話します。

 ゴール後は町自慢の放牧ブランド豚「あっぷるニュー豚」の焼肉と豚汁でお腹を満たし、至福の表情を浮かべていました。

1

スタート1時間30分前、午前7時30分の西部公民館。徐々に選手が集まってきました

2

足をとめて見ていたのは…

3

地元西五百川小学校の児童による応援メッセージ。140人の選手一人ひとりに手書きで書きました

(この応援メッセージはゴール後、記録証とともに選手に手渡されました)

4

「すごーい!」「うれしい!」と一様に感激の声を上げる選手たち。自分の名前の前で写真を撮っていました

5

スタート地点には桃色ウサヒもやってきて選手を励ましました

6

今大会には鈴木町長、地元選出の国会議員、鈴木憲和氏もエントリーしたほか・・・

42

大会のトータルプランニングを手掛けた村尾隆介町ブランド化推進プロデューサーも

応援ランナーとして参加。大会を盛り上げました

7

スタート時刻が近づくにつれ、選手の表情には緊張感が・・・

8

午前9時。定時制高校卓球で日本一に輝いた阿部愛美さん(常盤)の号砲で・・・

9

140人の選手が一斉にスタートしました

13

最初の5キロはほぼ平坦なゆるい登り坂。まだまだ笑顔が浮かびます

12

沿道の声援にも…

10

笑顔で手を振ります

14

こちらは立木地内に設けられた給水所

43

スポーツドリンクや水を手に取り、水分を補給します

16

その後、応援ランナーとハイタッチを交わし…

15

先に進むと・・・

17

いよいよ後半の5キロ。急こう配に差し掛かります。

坂道に足が上がらなくなり、歩き始める人が続出する中・・・

18

ここぞとばかりに腕を振り、足を上げて駆け上がる選手も・・・

19

バイキンマンのお面で参加したランナーも軽快に上っていきました

41

後半の登坂はカーブの連続。町交通安全協会が30人体制で安全確保に尽力いただきました

21

身体的にも、精神的にも苦しくなるヒルクライム。著名人の名言が約10カ所に掲示され…

22

ランナーを励ましました

47

民家が少ない区間ならではの応援メッセージ

48

まさにそのとおりです。あきらめないことが一番!

38

町長は白倉区の皆さんから熱烈な励ましを受けていました

23

ちょうどその頃、早い選手はすでにゴールの瞬間を迎えていました

24

平坦なコース以上の達成感です

25

ゴール後の給水コーナーには、スポーツドリンクのほか・・・

26

りんごも用意。たくさん手に取っていました

44

表彰式は年代別の部門ごとに行われ、優勝者には表彰楯と・・・

45

記念品を贈呈

28

表彰楯を持つ表情から、厳しいコースを走り切った達成感が読み取れました

29

完走したランナーを迎えるのは、あっぷるニュー豚の焼肉と・・・

30

あつあつの豚汁

31

待ちに待ったお食事タイムに表情がほころびます

32

「あさひまち サイコー!」とは宮城県からの参加者です

46

町のブランド戦略の一環として企画された本大会。食事ブースも工夫されています

「meet」を生むべく、各テーブルにはこのようなカードを置いたほか・・・

33

食器回収コーナーもデザインを統一。細部までこだわりました

34

「フォトスポット」にと、写真撮影用の立看板も配置。記念の一枚を残していました

50

選手が着るTシャツも実行委員会が用意

51

ウサヒを加えたり、自分の市町村名を加えたりして、独自にカスタマイズして参加する選手もいました

55

選手を励ましながら走る応援ランナーは黄色のユニフォームで・・・

54

坂道で気持ちが折れそうになる選手を応援しました

52

Tシャツの統一はスタッフも。

53

揃いのユニフォームでランナーをお迎えしました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。