ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 平成28年度 日本カヌーフリースタイル選手権大会

平成28年度 日本カヌーフリースタイル選手権大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月18日

 4月17日、玉ノ井地内にあるカヌーランド(通称「タンの瀬」)で「日本カヌーフリースタイル選手権大会(兼2016カヌーフリースタイルワールドカップ派遣選手選考会)が開催されました。本大会は2009年からこの場所での開催となり、コンディションとして豊富な水量が好まれることから、雪解け水の多いこの時期に開かれています。主催は(公社)日本カヌー連盟。

001

 カヌーの「フリースタイル」とは、「ウェーブ」とよばれる波の立つ場所や、「ホール」とよばれる流れの落ち込む場所などで2m前後のカヤック(艇)を乗りこなし、技を繰り出すもの。激流の中で艇を自在に操る姿は、ダイナミックそのものです。

  競技は45秒間の中でできるだけ波の中にとどまり、様々な技を繰り出してその得点を競うもの。エントリーしたのは昨年の世界選手権出場者など、北は北海道から南は大分まで、各地から集った国内トップパドラー45人。難易度の高いダイナミックな技が繰り出されると、周囲から大きな拍手と歓声が上がっていました。

≪関連リンク≫

日本カヌー連盟

 

 002

大会当日のカヌーランド駐車場。国内各地から多くの参加者が集まっていました

 

003

開会式であいさつする鈴木浩幸町長

 

004

開会式には町非公式キャラクター桃色ウサヒも登場し、選手たちを歓迎しました

005

午後12時頃。エントリーの最も多いK-1男子の準決勝、決勝の様子

006

激流の中…

007

ダイナミックな技が繰り出されます

008

競技に釘付けになる観客たち

009

競技には女性も出場しています

010

男性も顔負けのパドリング

 011

K-1男子決勝に出場の皆さん。観客カメラマンに向かって決めポーズ

012

健闘を称えあいました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。