ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > こんにゃく芋の栽培風景

こんにゃく芋の栽培風景

印刷用ページを表示する 掲載日:2007年10月24日

普段よく口にするコンニャク。糸コンニャク、平コンニャク、玉コンニャク、しらたき、コンニャクゼリーなどなど・・・。
町内で、近年手作りのコンニャクを作る家庭も増えてきて、こんにゃく芋を栽培している畑も少しずつ目にするようになりました。サトイモ科の植物で、その球根からコンニャクが作られます。手作りのコンニャクは、市販されているコンニャクと食感が全然違っていて、一度食べて見てはいかがでしょう。
意外だったのが、玉コンニャク。よくお祭りや観光地などでも目にすることができますが、山形独特の食材だとか。よそでは、なかなか手に入れられないと聞き、驚いたのが記憶にあります。普段、当たり前に食べているものでも、その土地独自の文化があるものです。

畑での栽培風景
畑での栽培風景

これから葉が出てくるところ
これから葉が出てくるところ

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。