ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 凍み大根つくり

凍み大根つくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年2月3日

大寒の時期を迎え、「凍み大根」つくりが始まりました。
「凍み大根」は、切った生の大根を茹でて、屋外で凍らせます。軒下で干すことにより、昼は溶け、夜は凍るといった凍結と解凍を繰り返しながら、1ヵ月~1ヵ月半で乾燥し、「凍み大根」ができあがります。うまくできあがると、一年は保存可能になります。
「凍み大根」を作れるのは、1月中旬から2月にかけて、一年で一番寒くなるこの時期だけだとか・・・・。

朝、ガチガチに凍った大根
朝、ガチガチに凍った大根

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。