ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 最上川を軸に3町が手を結ぶ

最上川を軸に3町が手を結ぶ

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年6月7日

白鷹・朝日・大江広域観光推進協議会が発足

最上川の中でも特に景観の優れた「五百川(いもがわ)峡谷」を擁する、白鷹・朝日・大江の3町。その3町が連携して広域的に観光交流を進め、産業の発展、地域振興を図っていくことを目的とする「白鷹・朝日・大江広域観光協議会(会長・・・鈴木浩幸朝日町長)」が6月6日創遊館で開催された同設立総会で発足。各首長が互いに手を取り合って今後の連携を確認しました。
7月27日には、3町が連携する初めての事業となる「最上川五百川峡谷シンポジウム」を開催する予定です。

各首長が互いに手を取り合って今後の連携を確認
各首長が互いに手を取り合って今後の連携を確認

五百川峡谷1 (朝日町玉ノ井地内)
五百川峡谷1 (朝日町玉ノ井地内)

五百川峡谷2 (朝日町玉ノ井地内)
五百川峡谷2 (朝日町玉ノ井地内)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。