ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 最上川一の絶壁! 用のはげ(明神断崖)と周辺めぐり

最上川一の絶壁! 用のはげ(明神断崖)と周辺めぐり

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年9月22日

おらほの最上川学 最上川一の絶壁! 用のはげ(明神断崖)と周辺めぐり

 

 最上川(五百川峡谷)とそれに関連する様々な魅力を掘り起こすシリーズ企画「おらほの最上川学」の第11弾として、「用(大江町)のはげ(明神断崖)とその周辺めぐり」が9月21日開催され、40人が参加しました。

 町エコミュージアム案内人の会が主催した今回の企画。この日は、あいにくの雨模様の中、一行はまず、「用のはげ」こと用山へ登山。断崖の裏側にある山道を約30分登ると、用地区の村社「厳島神社」がある山頂へ到達。神社への参拝後、その先にある、眼下170mの断崖の先端付近から景色を眺めると、そこには、大谷地区はもちろん、和合地区まで見渡せる大パノラマが広がっていて、多くの方々がそのすばらしさに感動している様子でした。

 この日は、用山への登山のほか、その周辺にある歴史や遺跡に関する説明会も開催。30年前にこの地区で発見された「ヤマガタダイカイギュウ」の化石や、最上川を挟んで用地区の対岸に位置する舟渡地区(朝日町)で10年前に発見された、3,000年前の縄文遺跡「上川原・山の神遺跡」などについて、地元の歴史研究家が発見当時の様子を元に解説を行い、参加者は自分たちが住んでいる地域の魅力を再確認しました。

 

 01.jpg

 あいにくの雨となりました

02.jpg

 町エコミュージアム案内人の会 堀茂さんが案内してくれました

03.jpg

 急な坂道をかさをさして登っていきました

04.jpg

 頂上から見た秋葉山と玉ノ井地区

05.jpg

 眼下には最上川、170mの絶壁です

06.jpg

 頂上にある厳島神社に参拝

07.jpg

 こんな仮設橋や・・・

07-2.jpg

こんなぬかるんだ道・・・

08.jpg

大江町用地区と朝日町玉ノ井地区を結ぶ用橋からダイカイギュウ発掘跡地を見学

09.jpg

 「この辺から直径40cmくらいの木の柱がでできたんだぁーっ」

地元の歴史研究家・五十嵐義一さんが「上川原・山の神遺跡」を解説してくれました

10.jpg

 いも煮で冷えた体を温めました

秋晴れの1日 001.jpg

晴れた日に見た「用のはげ」

秋晴れの1日 002.jpg

晴れた日に頂上から見た秋葉山と玉ノ井地区

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。