ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 春の雪山トレッキング

春の雪山トレッキング

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年3月9日

 Asahi自然観周辺の真っ白な雪原を歩いて散策する「春の雪山トレッキング」が3月8日開催され、遠くは酒田市からの参加者も含め、25人が参加しました。

 一行は午前9時にホテル自然観を出発。朝日山岳会(花山忠夫会長)の方々の案内により、途中ゲレンデ内を通過し、30分ほどでAsahi自然観スノーパーク最高地点のエアトップゲレンデ頂上へ到着。そこからかんじきに履き替えて雪原に入り、南西の尾根伝いに進み、朝日連峰が一望できる目的地「サイヅチ峰」を目指しました。

 この日は、「晴天」とは言えないまでも、時折太陽が顔をのぞかせるまずまずの天気。出発時には心配されたサイヅチ峰の景色も、2時間ほどの行程をかけて辿り着いてみると、その姿をはっきりと見ることができました。天童市からの参加者の一人は「朝日連峰も夏は経験がありますが、冬に見るのは初めて。とてもいい一日になりました。参加して本当に良かったです」と語っていました。

 

 

・「サイヅチ峰」の位置です


>大きな地図で見る

 

 

01.jpg

「おはようございます!」事務局から参加者へ行程が説明されました

 

02.jpg

午前9時にホテル自然観を出発し、

 

03.jpg

コテージ村や、

 

04.jpg

ゲレンデ、そして

 

05.jpg

リフトを使い、

 

06.jpg

30分ほどでエアトップゲレンデ頂上にたどり着きました

 

07.jpg

ここから雪原へ その前にかんじきを履きます

 

08.jpg

朝日山岳会花山会長が先導役を務め、いざ進行

 

09.jpg

雪原に入ってまもなくのところにある急な下り 慎重に下りていきます

 

10.jpg

今度は登り坂 アップダウンがある道のりです

 

11.jpg

ここで休憩 汗がどんどん出てきます

 

12.jpg

「お菓子をどうぞ」

 

13.jpg

この冬は温度が高かったせいか、雪がすでに締まっていてとても歩きやすい状態。

山形弁で言うと、ほとんど「ぬかりません」でした

 

14.jpg

いつの時代の看板かしら?

 

15.jpg

「ネコヤナギ」がきれいでした

 

16.jpg

途中にあった看板 これもいつの時代のものでしょうか?

 

17.jpg

目的地が近くなってきました。周辺の山々も一望できる高さです。

 

18.jpg

.こんなきれいな雪渓も。暖冬のせいか、これでも例年よりも迫力がないとか

 

19.jpg

最後の旧勾配 最後の体力を振り絞りジグザグに進みます

 

20.jpg

そしてサイヅチ峰到着 シンボルツリーの「ほうきブナ」です

 

21.jpg

記念撮影「無事到着お疲れさまでした~」

 

22.jpg

朝日連峰の絶景に、しばらく言葉もなく見とれていました

 

23.jpg

昼食の定番は…?ヒントはこの写真です

 

24.jpg

答えはカップめん 疲れた後だけに格別の味でした。

 

25.jpg

さて、復路  こんな雪渓もありました

 

26.jpg

本当にいい眺めですね

 

27.jpg

帰りもゲレンデを横断して帰りました

 

28.jpg

皆さんケガもなく無事に戻ってきました お疲れさまでした

 

29.jpg

「今日も楽しい1日だったわね!」終了後、お茶を楽しむ山岳会の女性メンバーです

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。