ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 渡辺恭介さんがスノーボードプロ昇格へ

渡辺恭介さんがスノーボードプロ昇格へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年4月10日

 スノーボーダー渡辺恭介さん(大谷二)のプロ昇格がこのほど決定しました。

 夏はシーズン中の遠征費を稼ぐため肉体労働に汗を流し、冬は全国各地の大会を転戦するという生活を送っていた渡辺さん。競技に対しては、親から一切援助を受けず、強いハングリー精神を培ってきました。

 複数あるスノーボードの種目中で、渡辺さんの競技は「スロープスタイル」というもの。同種目でのプロ昇格は県内初とのこと。現在は関係書類を提出し、正式なライセンス証の送付を待つ状況です。

 取材に対し渡辺さんは、「正念場だった全日本選手権(3月10日~/長野県)で思うような結果を残せず、気落ちした日々を送っていました。しかし、シーズンの締めくくりとして、ダメもとで参加したプロ・アマ(混合)戦(神立スロープスタイルセッション/3月28日~/茨城県)で6位入賞を果たし、プロ昇格の条件を満たすことができました。半ばあきらめかけていただけに喜びも大きいですね。今後は(プロだけがエントリーできる大会)『TOYOTA BIG AIR』などにも挑戦したいです」と語ってくれました。

 プロ昇格の条件について伺いました・・・

 基本的には、各大会の成績に付与されるポイントランキングで、シーズン8位以内に入ることだそうです。ただし、プロ・アマ戦で8位以内に入れば、前項の条件にかかわらず昇格が決定するそうです。


 

リンク その1

  広報あさひまち2009年3月号 12ページ (PDF 5.2MB)

  12ページにインタビュー記事を掲載しています。どうぞご覧ください。

リンク その2

  JSBA(日本スノーボード協会)ホームページ

  渡辺さんが7位につけています。

  ポイントランキング(SS/スロープスタイル一般男子)を覧ください。


 

1.jpg

自然観でお会いしたときの一枚。笑顔がステキです。

 

2.jpg

このような「ボックス」とよばれるものほか、ジャンプ台などをクリアし、その技の美しさ・高さを競うのが「スロープスタイル」という種目です。

 

3.jpg

これからはシーズンオフ。板のメンテナンスも重要です。また、来シーズンに向け遠征費を稼ぐ生活に入ります。「今、知人から話がきているのは、静岡でのお茶摘みの仕事。どうしようかな(笑)」とのことです。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。