ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 磁石のふしぎを学ぶ 大谷小で「スペシャル磁石教室」

磁石のふしぎを学ぶ 大谷小で「スペシャル磁石教室」

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年6月24日

 平成21年6月23日、大谷小学校で「スペシャル磁石教室」が開催されました。

 この日講師に迎えたのは磁石の専門メーカー「マグナ(本社:東京都)」社長の沢渡要さん。

 これは、今年4月、県内小学校初の民間出身者として大谷小へ赴任した長岡昇校長(元朝日新聞論説委員/太郎出身)の紹介により開催が実現したもので、3年生から6年生までの54人が磁石の種類や、暮らしの中の様々な使われ方などについて学びました。

 1時間ほどの授業の中で、児童の皆さんはいろいろな遊びを体験。6年生の菊地将仁くんは感想として「これからもいろいろ工夫して遊んでみたいです」と語っていました。

 

 興味のある方は、こちらをご覧ください。

 

 

1.jpg

「マグナ」の沢渡社長です

 

2.jpg

はじめに、磁気の流れなど磁石の基本的な知識についてお話くださいました。

 

3.jpg

反発しあう磁石で遊びました

 

4.jpg

「磁石ってふしぎ! でもおもしろいな」

 

5.jpg

手に持っているのは、この日特別にご用意いただいた「ビュワー」と呼ばれるシート

裏に磁石を近づけると、磁気の流れが浮き出てくる不思議なものです

 

6.jpg

ボール状の磁石ではこんなことも可能

 

7.jpg

二つのボールを別々に投げても、空中で音を立ててくっつきました

 

8.jpg

磁石の魅力に、あっという間の1時間でした

 

9.jpg

長岡校長です

補足として、馬蹄磁石の「馬蹄」の意味を最後に説明しました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。