ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 「朝日軍道」調査

「朝日軍道」調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年7月16日

 平成21年7月14日から15日にかけて、「朝日軍道」調査のため、朝日連峰の一部を縦走してきました。

 「朝日軍道」とは、今年のNHK大河ドラマの主人公である直江兼続によって朝日連峰の尾根伝いに開削された軍用道です。

 1598年、米沢城主であった直江兼続は、米沢ともう一つの所領である庄内とを最短ルートで、かつ、当時しのぎを削っていた山形城主最上義光の所領(現在の村山・最上地区)を経由せずに結ぶため、この軍用道を開削。1年ほどで完成させたと言われています。

 この軍道をめぐっては、大沼の大行院が主である最上義光にその存在を報告。大行院はその礼状として「某感状」を賜っています。

 今回は、朝日山岳会会長で山形県自然公園管理員も務める花山忠夫さん(栄町)に案内役をお願いし、1泊2日の日程で、軍道の跡が残る数カ所を調査してきました。

 

【1日目】日暮沢から入山(6時00分)→竜門小屋(11時00分)→調査→竜門小屋出発(12時30分)→西朝日岳(14時30分)→大朝日小屋(15時30分) =大朝日小屋泊=

【2日目】大朝日小屋出発(6時15分)→西朝日岳(7時30分)→調査・写真撮影→大朝日小屋(8時45分)→大朝日小屋出発(9時30分)→古寺山(11時45分)→古寺鉱泉着(13時30分)

 

 広報あさひまち2009年8月号では、今回の調査を踏まえた特集記事を紹介しています。

 ≪リンク≫ 広報あさひまち2009年8月号 : 「天地人」から見る朝日連峰の歴史的魅力

01.jpg

15日早朝6時頃、大朝日小屋から北側、中岳方面を望んだ一枚です

ここから朝日連峰の尾根伝いに進み、軍道の跡が確認できる西朝日岳を目指しました

 

02.jpg

この日の天気は曇りでしたが、大朝日小屋の管理人さんによれば、

こんなに条件がいいのは久しぶりとのことです

 

03.jpg

1時間ほどで西朝日岳目前のところまで到着

まだヒメサユリが咲いていました

 

04.jpg

本場のヒメサユリはピンクがとても鮮やかです

そして、奥に見えるのが西朝日岳

 

05.jpg

近づいて見てみると、

登山道の右脇に葛折(つづらおり/曲がりくねった)の道があるのがわかります

これが軍道跡と言われているもの

荷駄も通る道として勾配を緩くしたものと思われます

 

06.jpg

この後、西朝日から大朝日小屋まで引き返してきましたが、

金玉水付近から大朝日岳を望むと、

大朝日小屋西側(写真右)のにも葛折の道が見えるような・・・

 

07.jpg

ちなみに14日は最悪の天候でした

この写真は14日の西朝日岳の山頂です

  (動画はこちら)

 

08.jpg

まだ雪も残っていました

 

09.jpg

途中で見つけた「おむすびマン」?のような石

 

10.jpg

お決まり構図の大朝日岳Y字雪渓で一枚

帰りは山頂から古寺鉱泉まで4時間で一気に下りました

 

11.jpg

.大沼の大行院に現在も残る最上義光公からの「某感状」

「このたび、景勝の軍勢が朝日山のふもと道を切り開き、

乱入していることについて報告してくれたこと、大変感謝する・・・」

といった内容のようです。

日付は慶長5(1600)年8月1日ですので、

まさに関ヶ原の戦い(同年9月15日)直前の緊迫した情勢の中、

出された文書といえます

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。