ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 機織り文化に触れる・・・

機織り文化に触れる・・・

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年11月15日

 広報あさひまち平成21年11月号の取材のため、朝日町で最後の現役機織り技術者の阿部知子さん(常盤)のもとへ先日お伺いしました。

 皆さんは実際の機織りをご覧になったことはありますか?

 

 取材の内容については、こちらをご覧ください


<関連リンク>

     今・輝いて

     朝日町最後の現役機織り技術者 阿部知子さん


 

 

01.jpg

阿部さんです

今年で84歳を迎えられましたが、機織りのほかにも

書道や写経、そして墨絵など様々な趣味を持っているそうです

 

02.jpg

織機と阿部さん

白いタテ糸は約1200本を使用するそうです

 

03.jpg

ち密に並ぶタテ糸

一本でも交差してしまうと織れません

 

H21hataori.wmv_000005472.jpg

実際の機織り風景です(動画)

手際よく織ってくださいました

 

05.jpg

阿部さんが織った反物

一反(約12m)を仕上げるには、早くても1ヵ月程度かかるそうです

 

06.jpg

最近織った反物を拝見させていただきました

 

07.jpg

女性の和装には欠かせない「帯締め」

これも阿部さんが手掛けたものです

 

08.jpg

最後に見せていただいたのが、阿部さんの母が仕立てたというこの着物

このち密な模様を出すためには相当高い技術が必要とのことで、

当時の方々の熟練の技能に改めて感心させられました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。