ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 潜入! りんごの選果場

潜入! りんごの選果場

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年12月2日

 山形県内をはじめ、首都圏の市場関係者に抜群の知名度を誇る朝日町のりんご。中でも今が最盛期の「ふじ」は蜜がたっぷり入ったジューシーな味わいが特徴で、朝日町のりんご生産量の約5割を占める主力品種です。

 今年、和合地区にあるJAの選果場(正式名称:JAさがえ西村山朝日果実流通センター)には、糖度のほか蜜入り状況も感知できる最新鋭の光センサーが導入され、現在は町内一円から集められた「ふじ」の選果作業が急ピッチで行われています。

 平成21年12月1日、その内部に広報のカメラが潜入しました・・・。

 

※選果…果実の出荷の際、大きさ・外見・熟度など品質に従う等級に選別すること

 

 

00.jpg

JAの選果場(JAさがえ西村山朝日果実流通センター)です

延べ床面積約4,500平方メートルの大きな建物です

 

0.jpg

中に入ると、まるで工場のようなベルトコンベアの姿が目に入りました

 

01.jpg

コンベアのスタート地点には、町内一円から集められた

りんごのコンテナが次々に運び込まれていました

 

02.jpg

運び込まれたりんごは、コンベアに載せられたあと・・・

 

03.jpg

はじめに目視で選別され・・・

 

 04.jpg

糖度・蜜入り等を測定する最新鋭の光センサー(写真奥の黒い物体)にかけられていきました

測定されたデータはりんごの下のトレーに記憶されていくそうです(動画)

 

05.jpg

そのデータを元にして、等級ごとに振り分けられていきます

 

06.jpg

数がまとまると、箱詰め作業に入ります(動画)

 

07.jpg

今の時期は「ふじ」だけの選果ですが、種類の豊富な早生(わせ)種、中生種時期に

効率的な選別を行うため、こういった手作業のレーンもあります(動画)

 

08.jpg

箱詰めされたものは再びコンベアに載せられて・・・

 

09.jpg

梱包後、トラックに積み込まれていきました

 

010.jpg

朝日町では平成16年産のりんごから台湾をはじめとした海外輸出を始めています

「出発の時を待つ」ひとときです

≪関連記事≫広報あさひまち平成20年2月号(8~9ページ)

~朝日町産りんごの新たな活路を求めて~ りんご海外輸出近況レポート

 

011.jpg

段ボール箱の中にはこんなチラシが入っていて、

朝日町のりんごを広くPRしています

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。