ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 八ツ沼地区でレンコンまつり

八ツ沼地区でレンコンまつり

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年12月21日

 平成21年12月20日、八ツ沼地区で「レンコンまつり」が行われました。

 同地区では一昨年、民家の近くにあった耕作放棄地を解消しようと、10種類のハスを植え、景観整備に努めてきました。その後、「目」だけではなく「舌」でも楽しもうと、昨年春には食用のハス(レンコン)も植え、昨年は約150キロが収穫されました。

 今回は2年目の収穫となりましたが、この日の天候はあいにくの雪。気温0度という極寒のコンディションにもかかわらず、参加した10人の方々は泥の中へ果敢に手を滑り込ませ、指先で感触を確かめながらレンコンを探していきました。悪条件のため約1時間ほどで終了となりましたが、それでもりんごコンテナ5箱分、約80キロが収穫されました。

 収穫後には公民館に会場を移し、「レンコンまつり」を開催。約20キロ分が天ぷら、きんぴら、酢の物などに調理され、参加した約30人の区民はとれたてのおいしさに舌鼓を打っていました。

 


<関連リンク>

1.夏にはこのようにきれいなハスが咲きます

 「色とりどりのハスが咲き乱れる 八ツ沼地区十色はす田が見ごろ(まちの写真館)」

 

2.レンコンってこんな植物(ウィキペディア)


 

 

01.jpg

今年は雪に見舞われ、極寒の中の作業となりました

 

02.jpg

泥の中に手を滑り込ませ、手の感触でレンコンを探します

 

03.jpg

一つ採れるたびにその大きさを自慢し合いました

 

 04.jpg

作業風景です(動画

 

05.jpg

本当に寒い中の作業でしたので、見つけた時の喜びは格別のものがありました

 

06.jpg

「採れれば楽しいんだけど…」収穫へ意欲以上に、今年は寒さとの戦いでした

 

08.jpg

今年の収穫です(約80キロ)

 

09.jpg

採れたものは近くの「五本樋(ごほんどよ)」できれいに洗いました

 

010.jpg

樋から流れる水が本当に冷たそうでした

 

011.jpg

さて、ここからは「レンコンまつり」の様子です

きれいに洗った後のレンコンはこんな感じです

 

012.jpg

ご婦人方によるいろいろな料理が振る舞われました

 

013.jpg

きんぴら風にしたものや・・・

 

014.jpg

天ぷら、そのほか酢の物も用意されました

 

015.jpg

芋煮の中にも使われました

採れたてということもあり、鮮度は抜群で、

里芋のようなネバネバ感がありました

 

016.jpg

まつりには、レンコンをはじめとした

ハス田の維持管理作業にあたった方々など

約30人が参加し、1年間の労を互いにねぎらいました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。