ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 「縁結び・幸福の鐘」で大沼の浮島に魅力をプラス

「縁結び・幸福の鐘」で大沼の浮島に魅力をプラス

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年6月20日

 国指定名勝地「大沼の浮島」にこのほど、縁結びと幸福を願う「浮島の鐘」が設けられ、平成22年6月19日、その除幕式が現地で行われました。

 今回、鐘を寄贈したのは、山形市在住の阿久原柳一(あくはらりゅういち)さん。阿久原さんは「多くの観光客が訪れる大沼の浮島ですが、湖畔を見て帰るだけではもったいないと感じました。何か魅力をプラスできないか考えたところ、湖畔に架かる「烏鵲橋(かささぎばし)」に『相愛の男女が渡ると結ばれる』という言い伝えがありました。この鐘はその伝説にちなみ、縁結びと幸せを願うシンボルとして設置したものです」と想いを語りました。

 

 上屋部分や周囲の装飾は阿久原さんと大沼地区の方々が協力して手掛けたもので、2本の支柱は湖畔付近にあった木材を利用。すでに多くの方々が訪れ、湖畔に美しい鐘の音が響き渡っています。皆さんも想いを寄せる方と一緒にぜひ鳴らしてみてください。

 

≪関連リンク≫


 

01.jpg

除幕式の様子です

浮嶋稲荷神社の宮司が神事を執り行いました

 

02.jpg

地区の女性4人で除幕し・・・

 

03.jpg

寄贈者である阿久原さんがさっそく鐘の音を確かめました

 

04.jpg

鐘の向こうには、島の鳥居を望むことができます

 

05.jpg

「烏鵲橋(かささぎばし)」です

 

06.jpg

すぐ脇にある掲示板ではこの橋にまつわる伝説が紹介されています

このあと、無人販売されているコイのえさを購入し・・・

 

07.jpg

久しぶりに餌付けを行いました

 

08.jpg

現在浮嶋稲荷神社の駐車場では、地区の女性の方々が

ちょっとしたお土産コーナーを設け、観光客をもてなしています

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。