ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 風水害を鎮め、豊作を祈願 大谷風神祭

風水害を鎮め、豊作を祈願 大谷風神祭

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月1日

 大谷地区の風神祭が平成22年8月31日、今年もにぎやかに開催されました。

 およそ250年前から受け継がれているこのまつり。立春から数えて210日目にあたる9月1日頃になると、毎年のように台風被害を受けていたことから、風水害を鎮め、豊作を祈願したことがまつりの由来とされています。今年も県の無形文化財「角田流大谷獅子踊」が披露されたほか、地区の方々による田楽提灯や屋台行列が夜の地区を練り歩きました。

 ここ数年、日中は毎年のように雨に見舞われるものの、まつりの時間が迫るにつれて天候が回復し、夜は大勢の方々でにぎわう風神祭。地区のある方は「今年も必ず晴れると信じていました。やっぱり風水害を鎮めるお祭りだからでしょうね」と笑みを浮かべていました。

 

 

01.jpg

行列はまだ明るさの残る午後7時に白山神社を出発

 

02.jpg

先頭は子どもたちの田楽提灯です

 

03.jpg

白装束に身を包むのは白山神社氏子会の方々

 

04.jpg

花火を横目に列は進み・・・

 

05.jpg

大谷地区のメインストリートである・・・

 

06.jpg

長岡モータースさん前に差し掛かると・・・

 

07.jpg

各地区が工夫を凝らした芸を発表しました

毎年各地区持ち回りの獅子舞は、今年大谷第2区が担当しました

 

08.jpg

大谷5区は時節の話題を取り入れた恒例の寸劇を発表

内容は賭博に心を奪われた力士を○○のご老公様が叱咤し、

世を清めるというもの(?)でした

 

09.jpg

大谷第6区は元気なお神輿を披露しました

 

 10.jpg

大谷第1区の発表では、東京・秋葉原が生んだ48人の某女性(?)ユニットが登場

ちょっと人数が少ないものの、見事なダンスを披露してくれました

諸事情により、動画で紹介できないのが残念です

 

011.jpg

つかの間のステージが終了すると、

「会いたかった~♪(?)」と、人だかりができていました

 

012.jpg

第3区の獅子舞の様子

行列と花火を一枚に収めようと試みましたが、

なかなかタイミングが合わず、苦労しました

 

013.jpg

県の無形文化財「角田流大谷獅子踊」は大谷第4区の方々が受け継いでいます

 

014.jpg

帰り際、露店の前を通ると、まだまだ多くの子どもたちの姿がありました

行列を見るよりも、こちらの方が断然楽しいことでしょう(笑)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。