ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > いもがわ少年教室 下駄スキーづくり

いもがわ少年教室 下駄スキーづくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月12日

 平成23年2月11日、西部公民館が主催する「いもがわ少年教室」が開催され、西五百川小学校児童とその家族12人が昔ながらの下駄スキーづくりに挑戦しました。

 

 この教室では、かやぶき職人の白田吉蔵さん(常盤)と大井幸一さん(同)を講師に迎え、 「昔の遊びシリーズ」としてこれまで、「木製そり」「運転そり」「竹スキー」「手作りかんじき」など、昔ながらの遊び道具を作ってきました。下駄スキーとは、歯のない下駄の裏に竹を張ったもので、凍った路面を滑って遊ぶ道具。昔はあちこちの商店でも売っていたそうで、おおよそ50代以上の方々にとっては身近なものだったそうです。

 

 参加した親子は、桐の木片を削ることからスタートし、その後「なた」や「のみ」「かんな」「のこぎり」「きり」などの道具を駆使しながら、集中して作業。昼食を挟んで約4時間後にスキーが完成すると、公民館入口の傾斜で試乗を楽しみました。

 

 これまで長年にわたり、子どもたちにモノづくりの楽しさ、大切さを伝えてきた白田さんですが、講師を務めるのは今回の講座が最後。白田さんは「これまで5年間にわたりいろいろな遊び道具を作ってきましたが、どれも楽しい思い出です。いつも最初は作るのが大変そうな様子でしたが、いざ作業が始まると誰もが熱心に工作に取り組んでいました。出来上がった道具を使って、わいわい騒いでいる様子を見たときが一番幸せでしたね。まさに『やって良かった、教えて良かった』と思う瞬間です」と振り返っていました。

 

 

01.jpg

下駄スキーの完成見本です

作業開始前にこれといった説明はなく、

参加者は実物を参考にしながら作業しました

 

02.jpg

こちらは全員に配られた設計図です

 

03.jpg

最初は、四角い桐の木片をひたすら削ります

削ったところがスキーの先端部分になります

 

04.jpg

「まだまだ削り方が足りないかな・・・」

 

05.jpg

「お父さんがんばって」

 

06.jpg

この日は、町の(非公式)マスコットキャラクター「桃色ウサヒ」の中の人も参加

削った部分を電動ヤスリできれいに仕上げていました

(注)決して一人だけ機械に頼って手を抜いているわけではありません

 

07.jpg

左端の方が講師の白田吉蔵さん

参加者が熱心に鼻緒のつけ方を教わっていました

 

08.jpg

そうこうしているうちに、午前の部が終了

下駄部分が出来上がりました

 

09.jpg

ちなみにこの日は地元新聞社のほか、地元放送局も3社が取材に訪れました

子どもたちもいたるところで、インタビューに応じていました

 

010.jpg

昼食はカレーです

 

011.jpg

子どもたちのほか、保護者やテレビ局の方々など、

みんなでいただました

011-1.jpg

その後、下駄の裏に竹を張り、最後に足の先を覆うカバーを付けて完成させると、

 

012.jpg

待ちに待った試乗タイム

公民館の入口で滑り具合を確認しました

 

013.jpg

ストック無しでも滑れるよ

 

14.jpg 

下駄スキーは本来、凍った路面を滑って楽しむものですが、

この日は温度が高く、地面はびしゃびしゃ

滑り具合もいま一つでした(動画)

 

015.jpg

「滑らないよぉ~」と、ある参加者がつぶやくと、

別の参加者がそぉーっと背後に忍び寄り、背中を一押し

 

016.jpg

案の定、バランスを崩し・・・

 

017.jpg

すってんころりん・・・イテテテ

子どもたちはその後も何度か転びながら、徐々にコツをつかんでいました

 

※なお、「桃色ウサヒ」の中の人と町広報が協力してつくった作品を「あさひ旅のココロ館」に展示しています。駄作ではありますが、興味のある方はぜひご覧ください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。