ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > ロープを使った木登り技術「ツリーイング」の資格認定講座

ロープを使った木登り技術「ツリーイング」の資格認定講座

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月27日

 幼い頃、皆さんは木登りに夢中になった経験はありませんか。

 平成23年6月25日と26日の両日、ロープを使った木登り技術「ツリーイング」の資格認定講座が朝日鉱泉ナチュラリストの家などを会場に行われました。

 主催したのは、ツリーマスタークライミングアカデミー(以下「TMCA」、詳しくは下の説明を参照)。今回は南東北ブロック(宮城、山形、福島、新潟)が対象。ロープのかけ方やカラビナの使い方から安全確認の方法まで、安全に上り下りするために必要な技術と知識を習得しました。

 安全確保が最優先されることから、講座は基本的に少人数制。今回の参加者は5人で、「朝日鉱泉ナチュラリストの家」の西澤信雄さん、新地さん親子のほか、佐藤恒平町情報交流推進員も参加。木登り技術を習得することで、高所からの写真・映像撮影技術を磨くほか、朝日連峰の多様な魅力(遊び)を広く発信すべく、密度の濃い2日間を修了し、ビギナー向けの「ツリーイングクライマー T-1」の資格を取得しました。

※桃色ウサヒ「中の人の日記」に受講の様子が紹介されています。こちら「中の人、木に登る」

 

 

≪ツリーイングについて…以下「TMCA」ホームページより引用≫

 ロープを利用した木登りの技術は、アーボリスト(樹木医)が樹上作業を安全に行うための手段として世界各国で様々な形で利用されてきました。

レクリエーションの一環としての木登りは、人々が安全かつ気軽に木と接することできるようこれらの技術を体系化したもので、1980年代の前半にアメリカで誕生しました。

  そんなロープを使った木登り技術を、Tree Master Climbing Academy (ツリーマスタークライミングアカデミー以下TMCA)では「ツリーイング」と命名し、より多くの人々に楽しんでもらいたいと考えています。

TMCAではツリーイングを、森と親しむためのひとつの手段だと考えています。私たちはツリーイングの技術をお伝えすることで皆さんを森の入口までご案内します。

 

≪関連リンク≫

・ツリーマスタークライミングアカデミー(TMCA)HP

・朝日鉱泉ナチュラリストの家HP

 

 

 

 

1.jpg

2日間の講座のうち、町広報は26日取材にうかがいました

立木から朝日川沿いに進み朝日鉱泉をめざしましたが… 

 

2.jpg

 数日前から降り続く雨で、川がかなり増水していました

 

3.jpg

 ほぼ同じ場所で撮影した紅葉の頃(10月下旬)の写真

見比べると水の多さがわかります

でも…

 

4.jpg 

新緑と…

 

5.jpg

紅葉

という目線で見ると、雨も悪くないように思いました

 

6.jpg

 途中にあった沢

まるでカレンダーにありそうな情景でした

 

7.jpg

朝日鉱泉付近に到達すると、すでに講座が始まっていました

この日は前日の講習を踏まえた「試験」の日でした

 

8.jpg

 こちらの方が今回の講座で講師を務めた

ツリークライミングアカデミー南東北ブロック代表の田澤さん

アカデミー創設(約5年前)メンバーの一人で、

日本のアカデミー組織全体の副代表も務めています

 

10.jpg

最初の試験の場所は、ナチュラリストの家すぐ脇のブナの木

 

9.jpg

はじめに、木にロープをかけるため

10オンス(300グラム)の重りのついた糸を…

 

11.jpg

 反動をつけて…

 

12.jpg

 頭上の枝めがけて放り投げます

 

 

13.jpg

投げるときは「えいっ!」ではなく、必ず「スロー」と周囲に声をかけます

重りの落下について、注意を促すためです

ちなみに、この日ロープをかけたのはブナの木ですが、

木は種類によって折れやすい、折れにくいなど特徴があります

そうしたことを事前に調べて頭に入れておくのも大事なことだそうです

このほか、樹勢がしっかりしているかなど、

木や枝を選ぶ際には細心の注意を払うよう話がありました

 

14.jpg

  狙った枝に届くまで、皆さん5分から10分ほど時間がかかっていました

このあと、この糸を手繰って、木登りに使う太いロープを枝にかけました

 

15.jpg

 枝にロープが通ると、腰を支えるハーネスを装着し、

いよいよ木に登る本格的な準備に入ります

 

  16.jpg

 ここでも必ず、安全確認が行われます

隣の木に登る二人が互いに声を掛け合い、

ロープやカナビラが正しく装着、接続されているか確かめました

 

17.jpg

そしてクライミングがスタート

 

18.jpg

 約10mの高さまであっという間に登っていきました

時間は3分未満でしょうか

 

19.jpg 

実際に登る様子をご覧ください

→こちら(動画77秒)

 

20.jpg

 スイスイと登る佐藤推進員

 

21.jpg

 ロープをかけた木の枝に無事たどり着き、ご満悦の様子

 

22.jpg

 こちらは、ナチュラリストの家の西澤新地さん

自然体験活動の仕事に長年携わっていた経験から

ほかの参加者よりも上達が早いようでした

 

23.jpg

こんなスリル満点のポーズも見せてくれました

 

24.jpg

 このあと、昼食をはさんでロープのかけ方の試験

外では雨が降り続いていましたので、ナチュラリストの家の建物内で行いました

ロープをかけるのにちょうどいい梁があり、試験にはもってこいの場所でした

 

25.jpg

 最後にはなんと、筆記試験も…

約20分間、問題とにらめっこし、2日間の日程を終えました

 

はたして、この結果はいかに…

続きは明日更新される桃色ウサヒの「中の人の日記」でご覧ください

こちら→「中の人、木に登る2」

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。