ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > モンテディオ山形「朝日町応援デー」

モンテディオ山形「朝日町応援デー」

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年7月18日

 「朝日町応援デー」に指定されたモンテディオ山形のホームゲーム名古屋グランパス戦が7月17日、天童市のNDソフトスタジアム山形で行われ、朝日町から多くのサポーターが足を運びました。

 県内35市町村にとって年1回のモンテディオ山形の「市町村応援デー」。該当市町村の住民がホームゲームを通常の半額(※高校生以下は無料)で観戦することができるとあって、県民から広く好評を得ていて、朝日町では今回約70人がこの半額(無料)チケットを利用しました。

 朝日町では今年6月、モンテディオ山形を応援する「モンテディオ朝日応援隊(遠藤政則隊長/24人)」が誕生したばかりで、今回のゲームにあっては、町民サポーターが一丸となってチームを盛り上げようと応援バスを運行したほか、ゲーム開始前の市町村PRタイムでは、選手及び関係者に対し朝日町ワインと支援金約6万円を贈呈。今後の末永い応援を約束しました。

 試合結果は0-2でモンテディオの敗戦。ただし、シュート本数(名古屋の5本に対し、山形は9本)からもわかるように、ゲームは山形が終始押し気味に進め、数多くの見せ場も…。ある参加者は「敗れはしたものの、ゴールを予感させる場面もあり、見る側としては楽しめました。結果は残念ですが、次回の勝利を期待したいですね」と話していました。

 

≪関連リンク≫

・モンテディオ山形ホームページ

 

1.jpg

 応援バスに乗り込む町民サポーター

 

2.jpg

 バスの中は超満員

同じ志を持つ人たちだけに士気が上がります

 

3.jpg

試合開始1時間前のスタジアム外の様子

立ち並ぶ露店で買い求めた食事をのんびりとほおばるサポーターたちです

 

4.jpg

露店の中には「朝日町健康工房ロイフェン」のブースも…

ダチョウの肉を使った「韋駄天フランク」が名物です

 

5.jpg

ホームゲームでは毎試合出店

ほかのお店と同じく、長い行列ができていました

 

6-1.jpg

ゲームの前に行われた市町村のPRタイム

写真左からモンテディオ山形を運営する「(社)スポーツ山形21世紀」の

川越進理事長、山田拓巳選手(DF)、船山祐二選手(MF)、

そして「モンテディオ朝日応援隊」のメンバーです

 

7-1.jpg

 「勝利の美酒」となることを祈って朝日町ワインを贈ったほか、

隊員らによる支援金を贈呈

 

8-1.jpg

握手で今後の応援を約束しました

 

9-1.jpg

試合開始30分前になると、ウォーミングアップのためスタジアムに選手が登場

サポーターも盛り上がります

 

10.jpg

もちろん朝日応援隊の皆さんも…

 

11-1.jpg

その後、午後7時にキックオフ

 

12-1.jpg

タオルマフラーで声援を送るサポーター

 

13-1.jpg

真夏の夜、熱い試合が繰り広げられました

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。