ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 風水害を鎮め、秋の豊作を願う…伝統の「大谷風神祭」

風水害を鎮め、秋の豊作を願う…伝統の「大谷風神祭」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日

001

 8月31日、大谷地区伝統の風神祭が今年もにぎやかに開催されました。当日の天気予報は雨で、明け方まで降ってもいましたが、区民みんなの祈りが通じたのか無事晴れ、涼しい祭り日和となりました。

 およそ260年以上前から受け継がれているこのまつり。立春から数えて210日目にあたる9月1日頃になると、毎年のように台風被害を受けていたことから、風水害を鎮め、秋の豊作を祈願したことがまつりの由来とされています。

 県の無形民俗文化財「角田流大谷獅子踊」のほか、地区の子どもたちによる田楽提灯や、趣向を凝らした劇などを披露する屋台行列が夜の地区を練り歩きました。

≪関連リンク≫

NPO法人朝日町エコミュージアム協会「大谷の風神祭」

002

 行列がたどる道にそって盛られた「盛砂(もりずな)」

 ご利益がくるようにと、各家につながっています

003

004

 午後7時の花火を合図に、白山神社を出発する一行

 地元大谷地区の子どもたちは名物の田楽提灯を持ち、地区内を練り歩きます

005

 旧田中屋さん前は最初の見どころスポット。 多くの観客が集まっていました

006

006

 貫禄に満ちた「代々神楽(おかぐら・獅子神楽)」は、白山大神さまが通る道で大暴れして、悪魔を祓い清める役割を持つそうです

007

 大谷内6地区の皆さんが、それぞれ趣向を凝らした出し物を披露します

 手づくりの風神神輿をかつぐ第6区(東)や…

007

 第1区(立小路)は仮装とダンス

008

007

 県指定無形民俗文化財の「角田流大谷獅子踊り」は、第四区(浦小路)の皆さんによって受け継がれています

008

 第3区(高木)の子ども獅子は、大人顔負けの暴れっぷり

008

008

 華麗なばちさばきの風神太鼓が続きます

009

009

 劇を披露する屋台は毎年大人気。こちらは第5区(峯壇)の時代劇「瞼の母」

010

 第2区(田中)の「花咲かじいさん」。これは金銀財宝がざっくざっく出てきたシーン

010

 コミカルな演出に観客も笑顔です

010

 子どもたちにはお菓子のふるまいもありました

011

 午後9時をまわり、まつりも終盤…

011

 風神祭りの終わりとともに、朝日町の夏も終わります

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。