ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
まちの写真館 > 第34回朝日川渓流まつり

第34回朝日川渓流まつり

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月8日

001

 朝日町夏の風物詩である「第34回朝日川渓流まつり」が8月7日、朝日川河川公園(立木)で開催され、約2,000人の来場者が、真夏の「涼」と「漁」を楽しみました。


 当日は気持ちの良い青空に気温も33度を上回る、川遊びには絶好のロケーション。まつりのメインイベントであるつかみどりの会場は、朝日川をそのまま利用した約300mの浅瀬です。

 今回用意された渓流魚は、イワナ、ヤマメ、ニジマスなど約7,000匹で、参加者は全身を水に浸かりながら魚影を追いかけていました。


 そして会場でつかまえた魚は岸辺の調理場で捌き、すぐに焼き場で調理できるのがこのまつりの醍醐味。参加者は早速焼きたての魚にかぶりつき、夏ならではの味に舌鼓を打っていました。

002

 午前9時の会場の様子。続々と人が集まってきます

003

 朝日川に渓流魚が放され… 

004

 待ちきれない様子の子どもたち 

005

 メインイベント「魚のつかみどり」は毎年恒例、鈴木町長と町非公式キャラクター桃色ウサヒによる…

006

 大きなクラッカーで「スタート!」

 007

 岩の下を真剣に探ったり…

008

 お父さんと協力してゲット!

009

018

 上手な人は、袋いっぱいに捕まえていました

011

 捕まえた魚はその場で調理。串刺しにして塩をまぶし、炭火焼きにします

013

 大きな魚に豪快にガブリ!とかぶりつく醍醐味

014

 つかみどり以外にも、子どもたちが楽しめるプログラムが…

 ヨーヨー(水風船)つりや

015

 川原でひろった石に色付けして遊ぶコーナーも設けられ、夏休みの一日を満喫しました

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。